「喫煙者は不採用」進む企業の禁煙

5月31日はWHO=世界保健機関が定めた「世界禁煙デー」です。禁煙推進の動きは日本の企業でも広がっています。社員の健康づくりのためにたばこを吸う人を採用しない企業や、禁煙に成功した社員にご褒美を与える企業を取材しました。

 目薬をはじめとした一般用医薬品や化粧品などを手掛けるロート製薬は、従業員の健康づくりを目的に、喫煙からの卒業=「卒煙」を掲げています。その一つが、今年1月から始まったオリジナルの「社内通貨」です。コインは1つに付き1円相当で、例えば、禁煙を達成した社員には1万コインを、たばこを吸わない社員には毎月500コインが与えられます。そしてたまったコインは会社が運営するレストランで使うことができます。1000コインで味わうことができる薬膳ランチは、厳選した旬の食材で作られた一汁三菜の“体に優しい”メニューです。

 また、今年中に社員の「喫煙者ゼロ」を目指す会社もあります。医薬品メーカーのファイザーは、2005年から社内禁煙の取り組みを始め、全国にあるオフィスの喫煙所を撤廃し、就業時間内の喫煙を規則で制限してきました。今年度からは社員採用段階で「禁煙」の要件を明確化し、原則として喫煙者の採用を取りやめました。さまざまな取り組みによって、社員およそ4800人の喫煙率は、この10年で15%から3.5%まで大幅に低下しました。

 国内で進む禁煙推進の流れに、捉え方はさまざまなようです。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

「喫煙者は不採用」進む企業の禁煙

5月31日はWHO=世界保健機関が定めた「世界禁煙デー」です。禁煙推進の動きは日本の企業でも広がっています。社員の健康づくりのためにたばこを吸う人を採用しない企業や、禁煙に成功した社員にご褒美を与える企業を取材しました。

 目薬をはじめとした一般用医薬品や化粧品などを手掛けるロート製薬は、従業員の健康づくりを目的に、喫煙からの卒業=「卒煙」を掲げています。その一つが、今年1月から始まったオリジナルの「社内通貨」です。コインは1つに付き1円相当で、例えば、禁煙を達成した社員には1万コインを、たばこを吸わない社員には毎月500コインが与えられます。そしてたまったコインは会社が運営するレストランで使うことができます。1000コインで味わうことができる薬膳ランチは、厳選した旬の食材で作られた一汁三菜の“体に優しい”メニューです。

 また、今年中に社員の「喫煙者ゼロ」を目指す会社もあります。医薬品メーカーのファイザーは、2005年から社内禁煙の取り組みを始め、全国にあるオフィスの喫煙所を撤廃し、就業時間内の喫煙を規則で制限してきました。今年度からは社員採用段階で「禁煙」の要件を明確化し、原則として喫煙者の採用を取りやめました。さまざまな取り組みによって、社員およそ4800人の喫煙率は、この10年で15%から3.5%まで大幅に低下しました。

 国内で進む禁煙推進の流れに、捉え方はさまざまなようです。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください