「息子を救った夫婦に感謝伝えたい」 池袋駅で名乗らず千円

池袋駅の改札で交通ICカードの残高が足りずに困り果てていた男子生徒に、見ず知らずの高齢夫婦が千円札を差し出し、名乗ることなくその場を立ち去りました。生徒の母親は感謝の気持ちを伝えようと、インターネットを通じて夫婦を探しています。

 5月29日、東京・足立区に住む福田恭子さんは、息子の航大さん(16)を迎えに行きました。航大さんはダウン症で今春から都内の特別支援学校に通っていて、いつも家と学校の往復は親子一緒でした。

 しかしこの日、恭子さんが学校に到着すると下駄箱に航大さんの靴はなく、既に学校を出ていることが分かりました。航大さんの学校はこの日は短縮授業で、恭子さんが迎えに行った時には既に下校時刻から1時間が経過していました。

 「学校が早く終わった日は池袋に一緒に行く」という母との会話を覚えていた航大さんは、1人で池袋へと向かっていたのです。航大さんは1人で池袋にたどり着いたものの、そこに母親の姿はなく、しばらく待ち続けましたが、夜になったため自宅に戻ることにしました。

 ところがICカードの残高が足りず、航大さんは駅の自動改札を通ることができませんでした。現金も持ち合わせていなかったため立ちすくんでいると、そこに親切な高齢の夫婦が現れたのです。「これでチャージしておいで」と、見ず知らずの高齢夫婦がそっと千円札を手渡してくれたのです。

 航大さんは受け取った1000円でICカードをチャージすることができました。しかし、航大さんが改札口に戻った時、既に夫婦の姿はありませんでした。

 恭子さんが息子に代わって、息子を救ってくれたこの高齢夫婦の親切な出来事を短文投稿サイト・ツイッターに投稿したところ、「ほっこりしました」「暖かいお話で感動した」「世の中捨てたもんじゃない」「感動した」「心打たれた」と、3万件を超える反響が寄せられています。

 恭子さんは「息子が受けたご恩を、ツイッターを通して届けたくて投稿した。さりげなくご支援いただいたご夫婦には本当に感謝。お会いできたら(お金を)お返しするとともに、感謝の言葉を伝えたい。この気持ちがご夫婦に届いたらいいなと思います」、航大さんも「ありがたい気持ちでいっぱい」と話しています。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

「息子を救った夫婦に感謝伝えたい」 池袋駅で名乗らず千円

池袋駅の改札で交通ICカードの残高が足りずに困り果てていた男子生徒に、見ず知らずの高齢夫婦が千円札を差し出し、名乗ることなくその場を立ち去りました。生徒の母親は感謝の気持ちを伝えようと、インターネットを通じて夫婦を探しています。

 5月29日、東京・足立区に住む福田恭子さんは、息子の航大さん(16)を迎えに行きました。航大さんはダウン症で今春から都内の特別支援学校に通っていて、いつも家と学校の往復は親子一緒でした。

 しかしこの日、恭子さんが学校に到着すると下駄箱に航大さんの靴はなく、既に学校を出ていることが分かりました。航大さんの学校はこの日は短縮授業で、恭子さんが迎えに行った時には既に下校時刻から1時間が経過していました。

 「学校が早く終わった日は池袋に一緒に行く」という母との会話を覚えていた航大さんは、1人で池袋へと向かっていたのです。航大さんは1人で池袋にたどり着いたものの、そこに母親の姿はなく、しばらく待ち続けましたが、夜になったため自宅に戻ることにしました。

 ところがICカードの残高が足りず、航大さんは駅の自動改札を通ることができませんでした。現金も持ち合わせていなかったため立ちすくんでいると、そこに親切な高齢の夫婦が現れたのです。「これでチャージしておいで」と、見ず知らずの高齢夫婦がそっと千円札を手渡してくれたのです。

 航大さんは受け取った1000円でICカードをチャージすることができました。しかし、航大さんが改札口に戻った時、既に夫婦の姿はありませんでした。

 恭子さんが息子に代わって、息子を救ってくれたこの高齢夫婦の親切な出来事を短文投稿サイト・ツイッターに投稿したところ、「ほっこりしました」「暖かいお話で感動した」「世の中捨てたもんじゃない」「感動した」「心打たれた」と、3万件を超える反響が寄せられています。

 恭子さんは「息子が受けたご恩を、ツイッターを通して届けたくて投稿した。さりげなくご支援いただいたご夫婦には本当に感謝。お会いできたら(お金を)お返しするとともに、感謝の言葉を伝えたい。この気持ちがご夫婦に届いたらいいなと思います」、航大さんも「ありがたい気持ちでいっぱい」と話しています。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください