インフルエンザ猛威 花粉症とダブルパンチも…

全国的にインフルエンザの流行が続いていますが、今年は東京都内でインフルエンザと花粉症の時期が長い間、重なる恐れがあります。インフルエンザと花粉症の症状は似ていて、注意が必要です。

 インフルエンザの猛威が止まりません。2月6日に発表された最新の患者数によりますと、東京都内では1月28日から2月3日までの1週間、1医療機関当たりの患者数が45.67人となり、前週に比べると減少しました。しかし、今シーズンは2000年の統計開始以来、過去最多を記録するなど、まだまだ警戒が必要です。

 都内では「職場でもインフルエンザの感染者が出た。1つの現場で3人もインフルエンザにかかり、人が足りなかった」「友達がかかってしまい、センター試験が受けられず、追試になってしまった」「マスクをしているが、電車の中でマスクをしている人が集まっている所は避け、激しくせきをしている人がいたら席を移動するなど、自分で気を付けている」「風邪をひいていたので、うつさないようにしている」「高齢者なので、人混みは注意している」といった声が聞かれました。

 そして、インフルエンザに加え、これからの季節に対策が必要となってくるのが、人々を悩ませる「花粉症」です。街では「花粉症。例年大変」「風邪予防と花粉予防、両方を兼ねてマスクをしている。飲食店の仕事なので、人に接する機会も多い。花粉もこの時季は大変」などと話す人たちもいました。

 池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「1月末ぐらいから花粉症で悩む人の受診が増えてきた。インフルエンザと花粉症のダブルパンチになってしまうかもしれない」と警告します。

 都内でスギ花粉が本格的に飛び始める時期は、2月8日から11日ごろにかけてと予測されていて、過去10年の平均である「2月16日」よりも1週間ほど早まるとみられています。このため、今年はインフルエンザの流行と花粉が飛ぶ時期が長い期間、重なる恐れがあります。

 大谷院長は「鼻水が止まらず、花粉症が始まったと思って受診に来たが、チェックしたらインフルエンザだった。あるいは逆に、インフルエンザを心配して受診したら花粉症だったという人もいる」と話します。

 鼻づまりやだるさなど、インフルエンザと花粉症は似た症状も多く、患者が誤った対処をしてしまう恐れもあります。そして、流行時期が重なることによる影響として、大谷院長は「インフルエンザ発症後は喉の免疫である繊毛がダメージを受けるので、異物を外に出しづらくなる。花粉という異物も外に出しづらくなるかもしれず、大量の花粉を吸い込み、花粉症の症状が悪くなる可能性がある」としています。

 スギ花粉はこれから増え、ピークは3月上旬から4月ごろとみられていて、インフルエンザとともに警戒が必要です。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

インフルエンザ猛威 花粉症とダブルパンチも…

全国的にインフルエンザの流行が続いていますが、今年は東京都内でインフルエンザと花粉症の時期が長い間、重なる恐れがあります。インフルエンザと花粉症の症状は似ていて、注意が必要です。

 インフルエンザの猛威が止まりません。2月6日に発表された最新の患者数によりますと、東京都内では1月28日から2月3日までの1週間、1医療機関当たりの患者数が45.67人となり、前週に比べると減少しました。しかし、今シーズンは2000年の統計開始以来、過去最多を記録するなど、まだまだ警戒が必要です。

 都内では「職場でもインフルエンザの感染者が出た。1つの現場で3人もインフルエンザにかかり、人が足りなかった」「友達がかかってしまい、センター試験が受けられず、追試になってしまった」「マスクをしているが、電車の中でマスクをしている人が集まっている所は避け、激しくせきをしている人がいたら席を移動するなど、自分で気を付けている」「風邪をひいていたので、うつさないようにしている」「高齢者なので、人混みは注意している」といった声が聞かれました。

 そして、インフルエンザに加え、これからの季節に対策が必要となってくるのが、人々を悩ませる「花粉症」です。街では「花粉症。例年大変」「風邪予防と花粉予防、両方を兼ねてマスクをしている。飲食店の仕事なので、人に接する機会も多い。花粉もこの時季は大変」などと話す人たちもいました。

 池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「1月末ぐらいから花粉症で悩む人の受診が増えてきた。インフルエンザと花粉症のダブルパンチになってしまうかもしれない」と警告します。

 都内でスギ花粉が本格的に飛び始める時期は、2月8日から11日ごろにかけてと予測されていて、過去10年の平均である「2月16日」よりも1週間ほど早まるとみられています。このため、今年はインフルエンザの流行と花粉が飛ぶ時期が長い期間、重なる恐れがあります。

 大谷院長は「鼻水が止まらず、花粉症が始まったと思って受診に来たが、チェックしたらインフルエンザだった。あるいは逆に、インフルエンザを心配して受診したら花粉症だったという人もいる」と話します。

 鼻づまりやだるさなど、インフルエンザと花粉症は似た症状も多く、患者が誤った対処をしてしまう恐れもあります。そして、流行時期が重なることによる影響として、大谷院長は「インフルエンザ発症後は喉の免疫である繊毛がダメージを受けるので、異物を外に出しづらくなる。花粉という異物も外に出しづらくなるかもしれず、大量の花粉を吸い込み、花粉症の症状が悪くなる可能性がある」としています。

 スギ花粉はこれから増え、ピークは3月上旬から4月ごろとみられていて、インフルエンザとともに警戒が必要です。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください