スーパーカー「フェラーリ」で焼き芋販売! 東京・日の出町

おなじみ、石焼き芋の行商は、軽トラックなどで販売されていることが多くありますが、東京・日の出町には「スーパーカー」で販売している石焼き芋があります。

 東京都心から1時間半ほど離れた多摩地域・日の出町の住宅街に、ちょっと変わった焼き芋屋さんが現れると聞き、現地を訪れました。おなじみの焼き芋売りの声を流していたのは「真っ赤なフェラーリ」です。フェラーリの後ろには、石焼き芋の釜が乗ったリヤカーが付いています。このフェラーリは新車なら2000万円以上する超高級車=「スーパーカー」です。

 街の中を轟音を響かせながらさっそうと走る、その名も「すーぱーかーやきいも」を販売しているのは、日の出町町内で自動車修理店を営む原田輝和さん(50)です。週に1回、店の前や近くのイベント会場で販売していて、1日に100本ほどの焼き芋が売れるということです。

 取材したこの日も、焼き芋を買いに多くの人が訪れていました。やって来た人は「102歳になる妻のおばあさんが焼き芋好きで買いに来た。(スーパーカーで焼き芋を売るとは)画期的というか、とっぴというか」と話していました。また、噂を聞きつけてやって来たという、フェラーリファンの女性は「ツイッターに載っていて、ネットでも騒いでいたので、近くだったので来てみた。フェラーリは速いしデザインも好き。しかも食べるのも好きなので」と話していました。

 スーパーカー焼き芋は多くの人を魅了しているようです。しかし、なぜ石焼き芋をスーパーカーで販売しようと思ったのでしょうか。その理由について原田さんは「嫁においしい焼き芋を食べさせてあげたいなと思って、好きな車と好きな焼き芋を合体させたらこんな感じになった」と話しました。原田さんは焼き芋好きな奥さんを喜ばせようと、自宅にあったトレーラーと愛車のフェラーリを使った石焼き芋の販売を決意したのです。

 イモを焼く釜作りから焼き方まで、1カ月間毎日、本業そっちのけで学び、2018年12月に開業にこぎ着けたといいます。最初は冗談半分に捉えていた奥さんも、今では石焼き芋販売の良きパートナーになっています。

 原田さんは奥さんだけでなく、生まれ育ったこの町のみんなをスーパーカーで楽しませたいとして、「スーパーカー世代の僕としては、いまの子どもたちに夢を与えられればいいかなと。お年寄りでも子どもでも分かる焼き芋を合体すれば、皆さんに分かってもらえるのでは」と意気込みを語りました。

 原田さんの夢と情熱を乗せたスーパーカー焼き芋は、きょうも日の出町を走ります。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

スーパーカー「フェラーリ」で焼き芋販売! 東京・日の出町

おなじみ、石焼き芋の行商は、軽トラックなどで販売されていることが多くありますが、東京・日の出町には「スーパーカー」で販売している石焼き芋があります。

 東京都心から1時間半ほど離れた多摩地域・日の出町の住宅街に、ちょっと変わった焼き芋屋さんが現れると聞き、現地を訪れました。おなじみの焼き芋売りの声を流していたのは「真っ赤なフェラーリ」です。フェラーリの後ろには、石焼き芋の釜が乗ったリヤカーが付いています。このフェラーリは新車なら2000万円以上する超高級車=「スーパーカー」です。

 街の中を轟音を響かせながらさっそうと走る、その名も「すーぱーかーやきいも」を販売しているのは、日の出町町内で自動車修理店を営む原田輝和さん(50)です。週に1回、店の前や近くのイベント会場で販売していて、1日に100本ほどの焼き芋が売れるということです。

 取材したこの日も、焼き芋を買いに多くの人が訪れていました。やって来た人は「102歳になる妻のおばあさんが焼き芋好きで買いに来た。(スーパーカーで焼き芋を売るとは)画期的というか、とっぴというか」と話していました。また、噂を聞きつけてやって来たという、フェラーリファンの女性は「ツイッターに載っていて、ネットでも騒いでいたので、近くだったので来てみた。フェラーリは速いしデザインも好き。しかも食べるのも好きなので」と話していました。

 スーパーカー焼き芋は多くの人を魅了しているようです。しかし、なぜ石焼き芋をスーパーカーで販売しようと思ったのでしょうか。その理由について原田さんは「嫁においしい焼き芋を食べさせてあげたいなと思って、好きな車と好きな焼き芋を合体させたらこんな感じになった」と話しました。原田さんは焼き芋好きな奥さんを喜ばせようと、自宅にあったトレーラーと愛車のフェラーリを使った石焼き芋の販売を決意したのです。

 イモを焼く釜作りから焼き方まで、1カ月間毎日、本業そっちのけで学び、2018年12月に開業にこぎ着けたといいます。最初は冗談半分に捉えていた奥さんも、今では石焼き芋販売の良きパートナーになっています。

 原田さんは奥さんだけでなく、生まれ育ったこの町のみんなをスーパーカーで楽しませたいとして、「スーパーカー世代の僕としては、いまの子どもたちに夢を与えられればいいかなと。お年寄りでも子どもでも分かる焼き芋を合体すれば、皆さんに分かってもらえるのでは」と意気込みを語りました。

 原田さんの夢と情熱を乗せたスーパーカー焼き芋は、きょうも日の出町を走ります。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください