“建設費用ゼロ” 東京・渋谷区の新庁舎が完成

1月15日から業務が始まる、東京・渋谷区の新庁舎が公開されました。福祉関連の窓口が一元化されるなど、利便性の向上が図られています。

 JR渋谷駅からおよそ600メートルの場所にある、旧区役所・渋谷公会堂の跡地で建て替えが進められてきた新しい庁舎は、地上15階・地下2階建てで、区内に散らばる施設で行われてきた業務を集約します。

 福祉関連の業務を行う2階には、担当窓口を示すプレートがありません。これまでは、手続きの種類によって担当する窓口に行く必要がありましたが、これからは案内係に用件を伝えれば、あとは手続きの種類ごとに担当する職員が入れ替わりでやって来ます。このため、区民は複数の窓口を回ることなく、ワンストップで手続きを済ませることができます。

 区役所の利便性向上について区民は「特に高齢者が多くなっているから、われわれは(手続きに)行ってもどこに行っていいか分からない。案内の人がいた方が効率もいい」「今までは受付で聞くと何番に行ってくださいと言われたけど、そうすると時間がかかる。便利になるから助かる」などといった声が聞かれました。

 防災機能も強化されました。災害時に防災対策室が設置されるフロアには最新のシステムが導入され、大型のモニターではさまざまな情報を一括管理できるということです。このシステムは、災害発生時に区内の被害状況や電気、ガス、水道などのライフラインの情報をリアルタイムで集約します。防災課の飛田羽俊明課長は「アイコンで一目で見て、どのようなところで何が起きているのか誰もがすぐに分かる」と話しています。

 さまざまな機能を備えた新庁舎と、隣接して整備される新しい公会堂を含めた総工費211億円に、区の予算は使われていません。その理由は、庁舎のすぐ近くにあります。渋谷区は旧庁舎の敷地を再編して生まれたおよそ4500平方メートルの土地を民間に貸し出し、その収入を新庁舎などの建設費に充てています。新庁舎の隣では高層マンションが建設中で、2020年1月には地上39階建てのタワーマンションが完成する予定です。

 利便性の向上と防災機能の強化、そして財政面でも負担をなくした渋谷区役所の新庁舎は、1月15日から業務を開始します。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

“建設費用ゼロ” 東京・渋谷区の新庁舎が完成

1月15日から業務が始まる、東京・渋谷区の新庁舎が公開されました。福祉関連の窓口が一元化されるなど、利便性の向上が図られています。

 JR渋谷駅からおよそ600メートルの場所にある、旧区役所・渋谷公会堂の跡地で建て替えが進められてきた新しい庁舎は、地上15階・地下2階建てで、区内に散らばる施設で行われてきた業務を集約します。

 福祉関連の業務を行う2階には、担当窓口を示すプレートがありません。これまでは、手続きの種類によって担当する窓口に行く必要がありましたが、これからは案内係に用件を伝えれば、あとは手続きの種類ごとに担当する職員が入れ替わりでやって来ます。このため、区民は複数の窓口を回ることなく、ワンストップで手続きを済ませることができます。

 区役所の利便性向上について区民は「特に高齢者が多くなっているから、われわれは(手続きに)行ってもどこに行っていいか分からない。案内の人がいた方が効率もいい」「今までは受付で聞くと何番に行ってくださいと言われたけど、そうすると時間がかかる。便利になるから助かる」などといった声が聞かれました。

 防災機能も強化されました。災害時に防災対策室が設置されるフロアには最新のシステムが導入され、大型のモニターではさまざまな情報を一括管理できるということです。このシステムは、災害発生時に区内の被害状況や電気、ガス、水道などのライフラインの情報をリアルタイムで集約します。防災課の飛田羽俊明課長は「アイコンで一目で見て、どのようなところで何が起きているのか誰もがすぐに分かる」と話しています。

 さまざまな機能を備えた新庁舎と、隣接して整備される新しい公会堂を含めた総工費211億円に、区の予算は使われていません。その理由は、庁舎のすぐ近くにあります。渋谷区は旧庁舎の敷地を再編して生まれたおよそ4500平方メートルの土地を民間に貸し出し、その収入を新庁舎などの建設費に充てています。新庁舎の隣では高層マンションが建設中で、2020年1月には地上39階建てのタワーマンションが完成する予定です。

 利便性の向上と防災機能の強化、そして財政面でも負担をなくした渋谷区役所の新庁舎は、1月15日から業務を開始します。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください