暑さ対策 東京都の“秘密兵器”「かぶる日傘」の評判は?

35℃を超える危険な暑さが続いています。8月2日の東京都内は、練馬・青梅で5日連続の35℃を超える「猛暑日」となり、都心も前日に続いて猛暑日となりました。東京都の小池知事は定例会見で「ずっと猛暑日が続いている。毎時間飲むとか、計画的な水分補給を習慣づけてほしい」と、改めて暑さ対策をするよう、都民に呼び掛けました。こうした中、暑さ対策として東京都が新たに打ち出した“秘密兵器”が「かぶる日傘」です。

 「かぶる日傘」は直径およそ60センチで、普通の日傘同様、熱や光を遮る効果がある素材が使われています。5月末に小池知事が笑顔で披露した“思い切った秘密兵器”に対しては、「かぶる傘 ホント、ウケる笑」「昔話の笠地蔵だよね」「かぶる傘、ダサいぃ」など、すぐさまインターネットを中心に大きな話題となりました。

 夏が到来し、今回、この未知数の機能性を確かめるべく、カンカン照りの日中に記者が実際にかぶってみると「軽いのが印象的。日差しはしっかりと遮られ、両手が空くので、他の作業をしていても使うことができる」(TOKYO MX・奥野絵里奈記者)という感想を持ったようです。

 街の人からは「日傘を差して混んでいる所にいるよりは、この方がましかも。(日傘に比べ)他人を危ない目に遭わせない」「縁の大きな帽子よりも日に当たる面積が少ないのは利点だが、実際に自分一人がかぶるとなると、結構、勇気のいるかぶり物」「フランスでは見たことがない。初めて見たよ。クレイジーだね」など、さまざまな反応が聞かれました。

 この傘は東京オリンピック・パラリンピックでボランティアがかぶることを想定したもので、東京都がおよそ100万円の予算をかけて900個を作りました。テスト大会でボランティアが使い心地を確かめ、1年後の東京大会で実用化するかどうかを検討します。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

暑さ対策 東京都の“秘密兵器”「かぶる日傘」の評判は?

35℃を超える危険な暑さが続いています。8月2日の東京都内は、練馬・青梅で5日連続の35℃を超える「猛暑日」となり、都心も前日に続いて猛暑日となりました。東京都の小池知事は定例会見で「ずっと猛暑日が続いている。毎時間飲むとか、計画的な水分補給を習慣づけてほしい」と、改めて暑さ対策をするよう、都民に呼び掛けました。こうした中、暑さ対策として東京都が新たに打ち出した“秘密兵器”が「かぶる日傘」です。

 「かぶる日傘」は直径およそ60センチで、普通の日傘同様、熱や光を遮る効果がある素材が使われています。5月末に小池知事が笑顔で披露した“思い切った秘密兵器”に対しては、「かぶる傘 ホント、ウケる笑」「昔話の笠地蔵だよね」「かぶる傘、ダサいぃ」など、すぐさまインターネットを中心に大きな話題となりました。

 夏が到来し、今回、この未知数の機能性を確かめるべく、カンカン照りの日中に記者が実際にかぶってみると「軽いのが印象的。日差しはしっかりと遮られ、両手が空くので、他の作業をしていても使うことができる」(TOKYO MX・奥野絵里奈記者)という感想を持ったようです。

 街の人からは「日傘を差して混んでいる所にいるよりは、この方がましかも。(日傘に比べ)他人を危ない目に遭わせない」「縁の大きな帽子よりも日に当たる面積が少ないのは利点だが、実際に自分一人がかぶるとなると、結構、勇気のいるかぶり物」「フランスでは見たことがない。初めて見たよ。クレイジーだね」など、さまざまな反応が聞かれました。

 この傘は東京オリンピック・パラリンピックでボランティアがかぶることを想定したもので、東京都がおよそ100万円の予算をかけて900個を作りました。テスト大会でボランティアが使い心地を確かめ、1年後の東京大会で実用化するかどうかを検討します。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください