東京・世田谷の児童養護施設職員が虐待 入所少女に「ブス」

東京・世田谷区の児童養護施設で、入所している子どもに対して職員が「ブス」などと、言葉による虐待を行っていたことが明らかになりました。その後、「少女への暴力があった」とする別の通告が児童相談所に寄せられたため、東京都は再調査に乗り出しています。

 虐待が確認されたのは“子どもを守るはずの”児童養護施設でした。児童養護施設とは、親との死別などが原因で、家庭で暮らすことができない子どもを受け入れる施設です。

 世田谷区内の児童養護施設・福音寮で、40代の女性職員が入所中の小学5年生の少女に対して「ブス」「遅い」「みんなが困っている」などといった暴言を浴びせていたことが分かりました。こうした暴言は2016年から始まり、少女に対して継続的に浴びせていたということです。飯田政人施設長は2月14日、TOKYO MXの取材に対し「二度と起きないよう、きちんとした解明や話し合いをして、改善していくしかない」と述べました。

 事の発端は2018年5月、世田谷児童相談所に「少女が暴言や暴力を職員から受けている」という通告があったことでした。これを受け、東京都や児童相談所が職員や少女への聞き取り調査をしたところ、少女への暴言が「心理的な虐待に当たる」と認定され、暴力については「確認できなかった」と結論付けました。これについて飯田施設長は「心理的な虐待と認定されたので、深く受け止め、反省している」と述べた上で、今回の件が起きてしまった原因については「管理者として見きれていなかった。虐待は駄目という認識を伝えるのが緩かった」と釈明しました。

 「ブス」という発言について、虐待した職員は「少女がぶすっと下を向いていたので『それはブスと言われるよ』と言った」と弁明しています。一方、暴力については「たたいたり蹴ったりは絶対にしていない」と話しているということです。

 しかし、この施設によりますと、2018年秋に「少女への暴力があった」とする別の通告が児童相談所に寄せられたため、東京都は再調査に乗り出しています。

 一連の問題について東京都の小池知事は「何がどういう形で行われたのか、改めて確認する。施設長が心理的暴力(虐待)だったと認めている。これから、都としてもしっかり指導していく」と述べました。

 一方、調査を巡る対応も適切でなかった可能性が浮上しています。問題発覚後、児童相談所が少女から話を聴いた際、付き添いで少女と一緒に来たのは虐待を認定された職員だっということです。都はこの対応について「一般論として、加害の可能性がある職員が子どもを連れて来るのは不適切な対応」としています。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

東京・世田谷の児童養護施設職員が虐待 入所少女に「ブス」

東京・世田谷区の児童養護施設で、入所している子どもに対して職員が「ブス」などと、言葉による虐待を行っていたことが明らかになりました。その後、「少女への暴力があった」とする別の通告が児童相談所に寄せられたため、東京都は再調査に乗り出しています。

 虐待が確認されたのは“子どもを守るはずの”児童養護施設でした。児童養護施設とは、親との死別などが原因で、家庭で暮らすことができない子どもを受け入れる施設です。

 世田谷区内の児童養護施設・福音寮で、40代の女性職員が入所中の小学5年生の少女に対して「ブス」「遅い」「みんなが困っている」などといった暴言を浴びせていたことが分かりました。こうした暴言は2016年から始まり、少女に対して継続的に浴びせていたということです。飯田政人施設長は2月14日、TOKYO MXの取材に対し「二度と起きないよう、きちんとした解明や話し合いをして、改善していくしかない」と述べました。

 事の発端は2018年5月、世田谷児童相談所に「少女が暴言や暴力を職員から受けている」という通告があったことでした。これを受け、東京都や児童相談所が職員や少女への聞き取り調査をしたところ、少女への暴言が「心理的な虐待に当たる」と認定され、暴力については「確認できなかった」と結論付けました。これについて飯田施設長は「心理的な虐待と認定されたので、深く受け止め、反省している」と述べた上で、今回の件が起きてしまった原因については「管理者として見きれていなかった。虐待は駄目という認識を伝えるのが緩かった」と釈明しました。

 「ブス」という発言について、虐待した職員は「少女がぶすっと下を向いていたので『それはブスと言われるよ』と言った」と弁明しています。一方、暴力については「たたいたり蹴ったりは絶対にしていない」と話しているということです。

 しかし、この施設によりますと、2018年秋に「少女への暴力があった」とする別の通告が児童相談所に寄せられたため、東京都は再調査に乗り出しています。

 一連の問題について東京都の小池知事は「何がどういう形で行われたのか、改めて確認する。施設長が心理的暴力(虐待)だったと認めている。これから、都としてもしっかり指導していく」と述べました。

 一方、調査を巡る対応も適切でなかった可能性が浮上しています。問題発覚後、児童相談所が少女から話を聴いた際、付き添いで少女と一緒に来たのは虐待を認定された職員だっということです。都はこの対応について「一般論として、加害の可能性がある職員が子どもを連れて来るのは不適切な対応」としています。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください