東京都内で火災相次ぐ 板橋ビル火災で必死の避難も

東京・板橋区の5階建てのビルで火事があり、男性1人が意識不明の重体です。9日連続の乾燥注意報が出ている東京都内では火事が続き、死者も相次いでいます。

 東京消防庁などによりますと、1月29日午後1時ごろ、板橋区板橋にある5階建てビルの1階から火が出ました。撮影された映像には、立ち込める煙が瞬く間に建物全体を包み込み、ビル2階の窓から逃げ遅れた人がエアコンの室外機に避難して、助けを待つ姿も写っていました。

 この火事は1時間半後にほぼ消し止められましたが、逃げ遅れた60代の男性が意識不明の重体、そのほか5人がけがをしました。隣でビルで働く人は「火事だと聞いて、エレベーターを使わず階段で逃げた。外に出たらすごく煙が入ってきていて、みんな苦しそうな顔をしていた。担架で1人運ばれていた」「だんだん焦げ臭いにおいが濃くなった。少し逃げ遅れていたら危なかった」などと話していました。

 28日夜には杉並区桃井のアパートでも火事があり、火元の部屋に1人で暮らしていたとみられる70代ぐらいの男性が死亡しました。

<犠牲者が倍増 空気の乾燥も一因か>

 今年に入ってから東京都内では火事が多発しています。28日までの東京消防庁管内の火災発生件数は、前年の同じ時期に比べて31件多い386件に上り、死者も20人に倍増しています。このうち、少なくとも14人は65歳以上の高齢者です。

 都内には9日間連続となる乾燥注意報が出されています。東京消防庁は火事が多発している原因の1つとして、空気の乾燥が続いていることにあるとみています。

 「湿度30%・風速3~4メートル」と「湿度80%・風速1~2メートル」の2つの条件で、たばこの火が草に燃え移るまでの時間を計った実験映像があります。比較すると、乾燥した環境では1分が過ぎたころから炎が目立ち始め、3分後には煙も充満して大きな炎となりました。一方、湿度が高い環境では、草が少し黒く焦げているだけで、10分が過ぎてから大きな炎が発生しました。湿度と風速の違いで炎の発生には7分ほど違いがあり、乾燥した状態は火事につながりやすいことが分かります。

<東京消防庁は緊急会議で“危機感”>

 火事による犠牲者が後を絶たない状況に歯止めをかけようと、東京消防庁は29日、緊急の対策会議を開きました。この中で、警防担当の松井晶範理事は「巡行警戒をしてほしい。ただやればいいというのではなく、各消防署管内の実情に応じた時間帯を捉えてやってほしい」と訴えました。

 今年、死者の出た住宅火災の原因は、たばこ・ストーブ・ろうそくなどとなっています。さらに、乾燥した状態が続いていることで燃え広がるケースが多く、東京消防庁は火の取り扱いには十分注意するよう呼び掛けています。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

東京都内で火災相次ぐ 板橋ビル火災で必死の避難も

東京・板橋区の5階建てのビルで火事があり、男性1人が意識不明の重体です。9日連続の乾燥注意報が出ている東京都内では火事が続き、死者も相次いでいます。

 東京消防庁などによりますと、1月29日午後1時ごろ、板橋区板橋にある5階建てビルの1階から火が出ました。撮影された映像には、立ち込める煙が瞬く間に建物全体を包み込み、ビル2階の窓から逃げ遅れた人がエアコンの室外機に避難して、助けを待つ姿も写っていました。

 この火事は1時間半後にほぼ消し止められましたが、逃げ遅れた60代の男性が意識不明の重体、そのほか5人がけがをしました。隣でビルで働く人は「火事だと聞いて、エレベーターを使わず階段で逃げた。外に出たらすごく煙が入ってきていて、みんな苦しそうな顔をしていた。担架で1人運ばれていた」「だんだん焦げ臭いにおいが濃くなった。少し逃げ遅れていたら危なかった」などと話していました。

 28日夜には杉並区桃井のアパートでも火事があり、火元の部屋に1人で暮らしていたとみられる70代ぐらいの男性が死亡しました。

<犠牲者が倍増 空気の乾燥も一因か>

 今年に入ってから東京都内では火事が多発しています。28日までの東京消防庁管内の火災発生件数は、前年の同じ時期に比べて31件多い386件に上り、死者も20人に倍増しています。このうち、少なくとも14人は65歳以上の高齢者です。

 都内には9日間連続となる乾燥注意報が出されています。東京消防庁は火事が多発している原因の1つとして、空気の乾燥が続いていることにあるとみています。

 「湿度30%・風速3~4メートル」と「湿度80%・風速1~2メートル」の2つの条件で、たばこの火が草に燃え移るまでの時間を計った実験映像があります。比較すると、乾燥した環境では1分が過ぎたころから炎が目立ち始め、3分後には煙も充満して大きな炎となりました。一方、湿度が高い環境では、草が少し黒く焦げているだけで、10分が過ぎてから大きな炎が発生しました。湿度と風速の違いで炎の発生には7分ほど違いがあり、乾燥した状態は火事につながりやすいことが分かります。

<東京消防庁は緊急会議で“危機感”>

 火事による犠牲者が後を絶たない状況に歯止めをかけようと、東京消防庁は29日、緊急の対策会議を開きました。この中で、警防担当の松井晶範理事は「巡行警戒をしてほしい。ただやればいいというのではなく、各消防署管内の実情に応じた時間帯を捉えてやってほしい」と訴えました。

 今年、死者の出た住宅火災の原因は、たばこ・ストーブ・ろうそくなどとなっています。さらに、乾燥した状態が続いていることで燃え広がるケースが多く、東京消防庁は火の取り扱いには十分注意するよう呼び掛けています。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください