無人の古本屋さん、5年間で盗難ゼロ 「会わなくても信頼」

東京の三鷹駅近くに、普段は店員が1人もいない「無人の古本屋さん」があります。開店してから5年間、本は盗まれることなく、順調に売れているといいます。その裏には、お客さんとの信頼関係がありました。

 JR三鷹駅北口から歩いて15分ほどの商店街の中にある店は、看板は黒塗りになっていて、店の名前も書いてありません。中に入ってみると店員もいません。500冊ほどの本が並べられた棚があるだけの無人販売の古書店です。

 この店では月に150冊から200冊ほどの本が売れているということです。レジもない店でどのように本を買うのでしょうか。その答えは店先にありました。本の購入は全て、通称「ガチャガチャ」=カプセルトイの小型販売機で支払う仕組みになっています。置いてある古本には値段を表すシールが貼ってあり、その金額分のカプセルを買って、中に入っているビニール袋に本を入れて持ち帰る仕組みなのです。

 平日は会社員として働いているオーナーの中西功さんは、このようなお店をつくることになったいきさつについて「本をたくさん買っていたら、かなり多くの冊数がたまってしまった。奥さんに『どうにかしてよ』と言われて、本屋をやってみたいと思ったのが始まり」と語ります。そして、「サラリーマンを続けつつ本屋を成立させるとしたら、人に依頼するか、無人でやるかのどちらかだった」と語ります。

 中西さんが店を訪れるのは週に2回ほどで、いずれも15分ほど、店の片付けをする程度だといいます。中西さんは「お客さんがきれいに使ってくれるので『手がかからない子ども』のようなもの」と笑います。2013年4月に店を始めてからもうすぐ6年となりますが、書店での万引被害が社会問題となる中、この店ではオープン以来、本は盗まれていないということです。中西さんは「本好きしか入らないため、盗難がないのでは」と話し、この店の仕組みも「善意で成り立っている」と、客を信頼しています。中西さんは「店内に木箱を置いていたら、お客さんが本を入れてくれるようになって『この本を使ってください』と寄付してくれる」と話します。

 店では主に客が寄付した本を売っていて、時には、励ましの手紙や地方からのお土産が送られてくることもあるといいます。中西さんは「有人の店舗でも、店主とお客さんのコミュニケーションはあまりないと思う。無人なんですけど、人の交流は普通の実店舗よりあるのかも」と語り、このような直接対面しない“無人ならでは”のコミュニケーションが店の良さだと感じています。

 中西さんはこの「無人の古本屋」を全国に増やしていきたいと夢を語りました。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

無人の古本屋さん、5年間で盗難ゼロ 「会わなくても信頼」

東京の三鷹駅近くに、普段は店員が1人もいない「無人の古本屋さん」があります。開店してから5年間、本は盗まれることなく、順調に売れているといいます。その裏には、お客さんとの信頼関係がありました。

 JR三鷹駅北口から歩いて15分ほどの商店街の中にある店は、看板は黒塗りになっていて、店の名前も書いてありません。中に入ってみると店員もいません。500冊ほどの本が並べられた棚があるだけの無人販売の古書店です。

 この店では月に150冊から200冊ほどの本が売れているということです。レジもない店でどのように本を買うのでしょうか。その答えは店先にありました。本の購入は全て、通称「ガチャガチャ」=カプセルトイの小型販売機で支払う仕組みになっています。置いてある古本には値段を表すシールが貼ってあり、その金額分のカプセルを買って、中に入っているビニール袋に本を入れて持ち帰る仕組みなのです。

 平日は会社員として働いているオーナーの中西功さんは、このようなお店をつくることになったいきさつについて「本をたくさん買っていたら、かなり多くの冊数がたまってしまった。奥さんに『どうにかしてよ』と言われて、本屋をやってみたいと思ったのが始まり」と語ります。そして、「サラリーマンを続けつつ本屋を成立させるとしたら、人に依頼するか、無人でやるかのどちらかだった」と語ります。

 中西さんが店を訪れるのは週に2回ほどで、いずれも15分ほど、店の片付けをする程度だといいます。中西さんは「お客さんがきれいに使ってくれるので『手がかからない子ども』のようなもの」と笑います。2013年4月に店を始めてからもうすぐ6年となりますが、書店での万引被害が社会問題となる中、この店ではオープン以来、本は盗まれていないということです。中西さんは「本好きしか入らないため、盗難がないのでは」と話し、この店の仕組みも「善意で成り立っている」と、客を信頼しています。中西さんは「店内に木箱を置いていたら、お客さんが本を入れてくれるようになって『この本を使ってください』と寄付してくれる」と話します。

 店では主に客が寄付した本を売っていて、時には、励ましの手紙や地方からのお土産が送られてくることもあるといいます。中西さんは「有人の店舗でも、店主とお客さんのコミュニケーションはあまりないと思う。無人なんですけど、人の交流は普通の実店舗よりあるのかも」と語り、このような直接対面しない“無人ならでは”のコミュニケーションが店の良さだと感じています。

 中西さんはこの「無人の古本屋」を全国に増やしていきたいと夢を語りました。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください