白血病の闘病生活とは? 克服した女優が語る

競泳の池江璃花子選手(18)が白血病を公表しました。白血病の闘病生活とはどのようなものなのでしょうか。池江選手と同世代で病を患い、克服した人に話を聞きました。

 「最初はせきや熱の、風邪のような症状から始まった。病院に行ったら風邪と診断されたが、それから1カ月ほど薬を飲んでも全く良くならない。ある日、鼻血が壊れた水道のように止まらなくなって、押さえても数時間止まらなかった。そして決定的だったのは、足にポンと触れただけでそこにあざがつくようになってしまった」。こう話すのは、急性リンパ性白血病を1年4カ月の闘病生活の末に克服した、女優の友寄蓮(ともよせ・れん)さん(23)です。

 友寄さんは16歳の高校2年の時、病を宣告されました。友寄さんは「病名を告げられた時はもちろんショックでした。本当に突然、日常が奪われてしまった」と振り返ります。

 そこから始まった闘病生活は壮絶なものだったといいます。友寄さんは「抗がん剤治療が始まって、あっという間に“地獄にたたき落された”じゃないが、現実ってこんなにつらいんだと思った。将来が不安になった」と語りました。

 抗がん剤治療は肉体的にも精神的にも友寄さんを苦しめました。「副作用は全身に出る。髪の毛はドラマや映画のイメージで、きれいなつるつる頭の印象があるけれど、実際はまだらに抜ける。しかも、まだらに抜けた髪の毛を剃ることができない。頭に刃物を当てることでそこから出血の可能性がある。だから、結局まだらでもどうすることもできない」。

 さらに「より衝撃的だったのがムーンフェイスという副作用。顔ばかりがどんどん丸く膨れ上がってしまった」と振り返りました。ステロイド剤の影響で、食事を取っていないにもかかわらず、顔に集中的に脂肪がつくというもので、精神的に苦しめられたといいます。友寄さんは「お見舞いに来てくれた友達から『思ったより太れるぐらいには元気そうだね』と言われると、悪気がないことは分かっていても、やはり傷ついてしまった」と当時を振り返りました。

 体力も低下し、自力で身動きするのも困難な状況にもなりました。「しゃべることもできなくなってしまった時は、筆談で母に『どうして病気で産んだの』と書いてしまったこともある」。友寄さんは、やりきれない思いを抱えながら、親や自分自身を責め続けたといいます。そして、「『頑張れ』という言葉は、前向きな時はパワーをもらえるが、時には追い詰められてしまう。これ以上、どう頑張れというのかと追い詰められてしまうこともある。でも今なら『頑張れ』という言葉の奥にある思いや気持ちを読み取れる」と語りました。

 壮絶な1年4カ月に及ぶ闘病生活を乗り越えた友寄さんは「苦しみは本人のものでしかないし計り知れないから、なかなか難しいと思う。例えば、病気を経験した私でさえ、日常がどこか当たり前になっている」とした上で、「白血病というと、いろいろな憶測が飛び交ったり、情報がいろいろ入ると思うが、とにかく今は治療、自分の体に向き合ってほしい。情報が自分で手に入れやすい時代だからこそ、正しい情報がどれなのか(見極めることが大切)。今の段階では周りのことは遮断して、担当医と一緒に自分の体のことだけ向き合ってほしい」と、池江選手への思いを語りました。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

白血病の闘病生活とは? 克服した女優が語る

競泳の池江璃花子選手(18)が白血病を公表しました。白血病の闘病生活とはどのようなものなのでしょうか。池江選手と同世代で病を患い、克服した人に話を聞きました。

 「最初はせきや熱の、風邪のような症状から始まった。病院に行ったら風邪と診断されたが、それから1カ月ほど薬を飲んでも全く良くならない。ある日、鼻血が壊れた水道のように止まらなくなって、押さえても数時間止まらなかった。そして決定的だったのは、足にポンと触れただけでそこにあざがつくようになってしまった」。こう話すのは、急性リンパ性白血病を1年4カ月の闘病生活の末に克服した、女優の友寄蓮(ともよせ・れん)さん(23)です。

 友寄さんは16歳の高校2年の時、病を宣告されました。友寄さんは「病名を告げられた時はもちろんショックでした。本当に突然、日常が奪われてしまった」と振り返ります。

 そこから始まった闘病生活は壮絶なものだったといいます。友寄さんは「抗がん剤治療が始まって、あっという間に“地獄にたたき落された”じゃないが、現実ってこんなにつらいんだと思った。将来が不安になった」と語りました。

 抗がん剤治療は肉体的にも精神的にも友寄さんを苦しめました。「副作用は全身に出る。髪の毛はドラマや映画のイメージで、きれいなつるつる頭の印象があるけれど、実際はまだらに抜ける。しかも、まだらに抜けた髪の毛を剃ることができない。頭に刃物を当てることでそこから出血の可能性がある。だから、結局まだらでもどうすることもできない」。

 さらに「より衝撃的だったのがムーンフェイスという副作用。顔ばかりがどんどん丸く膨れ上がってしまった」と振り返りました。ステロイド剤の影響で、食事を取っていないにもかかわらず、顔に集中的に脂肪がつくというもので、精神的に苦しめられたといいます。友寄さんは「お見舞いに来てくれた友達から『思ったより太れるぐらいには元気そうだね』と言われると、悪気がないことは分かっていても、やはり傷ついてしまった」と当時を振り返りました。

 体力も低下し、自力で身動きするのも困難な状況にもなりました。「しゃべることもできなくなってしまった時は、筆談で母に『どうして病気で産んだの』と書いてしまったこともある」。友寄さんは、やりきれない思いを抱えながら、親や自分自身を責め続けたといいます。そして、「『頑張れ』という言葉は、前向きな時はパワーをもらえるが、時には追い詰められてしまう。これ以上、どう頑張れというのかと追い詰められてしまうこともある。でも今なら『頑張れ』という言葉の奥にある思いや気持ちを読み取れる」と語りました。

 壮絶な1年4カ月に及ぶ闘病生活を乗り越えた友寄さんは「苦しみは本人のものでしかないし計り知れないから、なかなか難しいと思う。例えば、病気を経験した私でさえ、日常がどこか当たり前になっている」とした上で、「白血病というと、いろいろな憶測が飛び交ったり、情報がいろいろ入ると思うが、とにかく今は治療、自分の体に向き合ってほしい。情報が自分で手に入れやすい時代だからこそ、正しい情報がどれなのか(見極めることが大切)。今の段階では周りのことは遮断して、担当医と一緒に自分の体のことだけ向き合ってほしい」と、池江選手への思いを語りました。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください