遺品整理のトラブルを防げ! 東京・町田市が業者紹介

<「遺品整理」で相次ぐトラブル なぜ?>

 亡くなった人が残したものを整理する「遺品整理」サービスが最近増えています。その背景には、核家族化や高齢化によって、亡くなった人の遺品整理が家族や親しい間柄の人でも難しくなっている現状があります。遺品整理サービスを巡っては、金銭トラブルなどの問題も増えています。

 具体的には、業者が「回収無料」をうたいながら法外な料金を請求したり、事前に提示していなかった金額の上乗せを要求したり、処分しないように頼んだ物を勝手に処分してしまうなどの事例があります。このような悪質な業者による問題が起きる背景には、遺品整理の料金相場や依頼方法が一般的にあまり知られていないことや、依頼者は高齢者が多く、業者の“言い値”の料金をうのみにして支払ってしまっていることがあります。

<市の「遺品整理」許可業者の紹介制度も>

 そんな遺品整理のトラブルを防ぐため、東京・町田市は2018年から市民からの相談に対し、市が許可する業者を紹介する取り組みを始めました。

 町田市内にある、いまは誰も住んでない一軒家──。もともと、この家には男性の両親が住んでいましたが2人とも亡くなり、去年から空き家になっています。男性は家に残された大量の本を片付けるため、町田市を通じて業者に遺品の整理を依頼をしました。大量の本を前にして、男性は「古本屋さんが2軒来て、1軒目は4トン、2軒めは何トンか分からないが、合わせて1万冊ぐらい売った」と話しました。

 この男性は以前、他の業者からも見積もりを取っていて、市が紹介した業者との「値段の違いに驚いた」と話しています。男性は「2倍ぐらい、見積もり金額に開きがあった。こんな値段が違うのかとびっくりした」と話しました。

 遺品整理は廃棄物の処理が伴うため、これを行う業者は自治体からの許可が必要です。しかし、無許可の業者もいて、客とのトラブルが後を絶たないといいます。町田市の許可業者は「お客さんから軽トラック1台分で60万円取られたという話や、『払えない』と言ったら『残していくので、あとは自分でやってくれ』と言われたという話も聞く」「『ちょっとした片付けだけで100万円超えるんですよね?』と聞かれたこともあるが、絶対超えないですよ」と話します。

 こうしたトラブルを無くすため、町田市は2018年10月から、許可した業者を紹介する制度を始めました。町田市・環境政策課の塩沢直崇課長は「遺品整理に伴って臨時に多量に出る廃棄物について、許可業者による整理・分別・収集の一貫した制度をスタートさせた」と説明します。

 まず、依頼者が市へ電話で相談すると、市から受付番号が交付されます。その後、依頼者が許可業者に連絡して当事者間で契約し、業者が収集や運搬を行います。この仕組みにより、依頼者は市が許可を出す安全な業者に依頼することができ、市は廃棄物の処分まで一括で管理することができます。

 塩沢課長は「2015年が8件、16年が11件、17年が16件と、相談が年々増えている現状。それ以外でもトラブルが起きている可能性は十分ある。都内全体だと相当な数になるのではないか」と話します。

 この背景には、町田市が抱える高齢化の問題があります。町田市の65歳以上の高齢者人口は11万4000人ほどで、人口の約27%を占めます。また、高齢者の単身世帯は2万世帯ほどで、高齢者のおよそ5人に1人が1人暮らしをしている計算です。

 冒頭の、両親の遺品整理を頼んだ男性は、自分も高齢であることから、身の回りの整理を進めているといいます。男性は「だいたい、どこに何があるか(身内には)話している。息子は『本は減らせ』と言う。今回のこれ(自分の両親の遺品整理)を見て、危機感を覚えているようだ」と話します。

 そして、男性は亡き両親の思い出の品々を処分していくうちに「複雑な心境になった」とも話しました。男性は「いまはすっきりしてうれしい気持ち。でも、家に帰ったら寂しい感じはするかもしれない」と語りました。遺品とともに

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

遺品整理のトラブルを防げ! 東京・町田市が業者紹介

<「遺品整理」で相次ぐトラブル なぜ?>

 亡くなった人が残したものを整理する「遺品整理」サービスが最近増えています。その背景には、核家族化や高齢化によって、亡くなった人の遺品整理が家族や親しい間柄の人でも難しくなっている現状があります。遺品整理サービスを巡っては、金銭トラブルなどの問題も増えています。

 具体的には、業者が「回収無料」をうたいながら法外な料金を請求したり、事前に提示していなかった金額の上乗せを要求したり、処分しないように頼んだ物を勝手に処分してしまうなどの事例があります。このような悪質な業者による問題が起きる背景には、遺品整理の料金相場や依頼方法が一般的にあまり知られていないことや、依頼者は高齢者が多く、業者の“言い値”の料金をうのみにして支払ってしまっていることがあります。

<市の「遺品整理」許可業者の紹介制度も>

 そんな遺品整理のトラブルを防ぐため、東京・町田市は2018年から市民からの相談に対し、市が許可する業者を紹介する取り組みを始めました。

 町田市内にある、いまは誰も住んでない一軒家──。もともと、この家には男性の両親が住んでいましたが2人とも亡くなり、去年から空き家になっています。男性は家に残された大量の本を片付けるため、町田市を通じて業者に遺品の整理を依頼をしました。大量の本を前にして、男性は「古本屋さんが2軒来て、1軒目は4トン、2軒めは何トンか分からないが、合わせて1万冊ぐらい売った」と話しました。

 この男性は以前、他の業者からも見積もりを取っていて、市が紹介した業者との「値段の違いに驚いた」と話しています。男性は「2倍ぐらい、見積もり金額に開きがあった。こんな値段が違うのかとびっくりした」と話しました。

 遺品整理は廃棄物の処理が伴うため、これを行う業者は自治体からの許可が必要です。しかし、無許可の業者もいて、客とのトラブルが後を絶たないといいます。町田市の許可業者は「お客さんから軽トラック1台分で60万円取られたという話や、『払えない』と言ったら『残していくので、あとは自分でやってくれ』と言われたという話も聞く」「『ちょっとした片付けだけで100万円超えるんですよね?』と聞かれたこともあるが、絶対超えないですよ」と話します。

 こうしたトラブルを無くすため、町田市は2018年10月から、許可した業者を紹介する制度を始めました。町田市・環境政策課の塩沢直崇課長は「遺品整理に伴って臨時に多量に出る廃棄物について、許可業者による整理・分別・収集の一貫した制度をスタートさせた」と説明します。

 まず、依頼者が市へ電話で相談すると、市から受付番号が交付されます。その後、依頼者が許可業者に連絡して当事者間で契約し、業者が収集や運搬を行います。この仕組みにより、依頼者は市が許可を出す安全な業者に依頼することができ、市は廃棄物の処分まで一括で管理することができます。

 塩沢課長は「2015年が8件、16年が11件、17年が16件と、相談が年々増えている現状。それ以外でもトラブルが起きている可能性は十分ある。都内全体だと相当な数になるのではないか」と話します。

 この背景には、町田市が抱える高齢化の問題があります。町田市の65歳以上の高齢者人口は11万4000人ほどで、人口の約27%を占めます。また、高齢者の単身世帯は2万世帯ほどで、高齢者のおよそ5人に1人が1人暮らしをしている計算です。

 冒頭の、両親の遺品整理を頼んだ男性は、自分も高齢であることから、身の回りの整理を進めているといいます。男性は「だいたい、どこに何があるか(身内には)話している。息子は『本は減らせ』と言う。今回のこれ(自分の両親の遺品整理)を見て、危機感を覚えているようだ」と話します。

 そして、男性は亡き両親の思い出の品々を処分していくうちに「複雑な心境になった」とも話しました。男性は「いまはすっきりしてうれしい気持ち。でも、家に帰ったら寂しい感じはするかもしれない」と語りました。遺品とともに

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください