都民ファ3都議が離党 羽田新ルートの「矛盾」きっかけに

東京都の小池知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の都議会議員3人が、党の意思決定方法などを批判して離党しました。2017年の都議会議員選挙以来、離党した議員は合わせて5人となりました。

 1月7日に離党したのは、奥沢高広、斉藤礼伊奈、森沢恭子の3都議です。会見で奥沢都議は「現状の都民ファーストの会では、私たちに寄せられた都民の意見が吸い上げられず、代表質問や予算要望などの政策決定や各種選挙などで、意思決定が不明瞭であると言わざるを得ない」と述べました。

 小池知事が代表を務めていた都民ファーストの会は、2017年7月の都議選で55人の当選者を出し、第1党に躍り出ました。今回離党を表明した3人はこの時、小池知事が掲げる「東京大改革」に共鳴し、公認候補として立候補していました。

 それから1年半──。3人は「予算要望など重要な議論が執行部だけで行われ、どのような話し合いが行われたのか執行部以外の議員に明らかにされない」ことなどを挙げ、「意思決定が不明瞭だ」として、離党に踏み切りました。

 離党に対し、小池知事は「都民からすると大義が分かりにくい。とても残念」とコメントしました。これについて会見で問われると、斉藤都議は「最初に知事と共に私の地元・多摩市と稲城市でお伝えした公約は、この先果たしていきたい。知事と大義を分かつわけではないと伝えていきたい」、森沢都議は「知事に反旗を翻すとか、都民ファーストの会と対立することを私たちは意図していない」と述べました。

 3人はいずれも、小池知事が進める「東京大改革」を支持する考えで、新たな会派「無所属 東京みらい」を設立し、活動していくということです。

<都政担当記者が見た 離党の兆し>

 都民ファーストの会は、2017年に音喜多駿都議と上田令子都議が離党していて、これで5人の議員が離党することになります。今回、3人が離党届を提出することに至った背景について、都庁担当記者の解説です。

 3人の離党の動きは、以前からありました。そもそも都民ファーストの会は、議員だけで活動してきた人以外にも医師や弁護士、民間企業出身など、さまざまな人、さまざまな考え方がある会派です。

 こうした所帯の中で、今回の離党の導火線は2018年9月に行われた品川区長選挙にありました。都民ファーストの会は元自民党都議の佐藤裕彦候補を推しました。佐藤候補は国が検討している羽田空港の新飛行ルートに反対する公約を掲げていました。

 新飛行ルートは品川区上空を通ることから、佐藤候補は反対していました。一方で、新飛行ルートは羽田空港の発着便を増やして空港の機能強化を図るものであることから、小池知事は容認の立場で、都民ファーストの会も知事にならって容認の方針でした。しかし品川区長選で都民ファーストの会は佐藤候補を推薦し、代表や幹事長、政調会長が応援に入るなど、羽田空港新ルートに関して異なる主張をする候補を応援していたことになります。

 これに異を唱えたのが、今回、離党を決意した品川区選出の森沢都議でした。森沢都議の10月1日のブログで「私たちが都議選で公約したことと矛盾する。都民ファーストの会と共にある自分の在り方を考え直さなくてはいけないと思っている」と記し、執行部を批判しました。

 その後、都民ファーストの会の議員を集めた総会が都議会内で開かれ、品川区長選についても話題が出ましたが、森沢都議のブログのことも含め、議員同士の激しいやりとりがありました。総会は、都議会の本会議が始まるために議論が煮え切らないままで終了となりましたが、その都議会本会議で今回の“離党劇”を連想させる場面をTOKYO MXのカメラが捉えていました。

 都議会で都民ファーストの会の議員が発言した際、所属議員が拍手をする中、今回離党した3人の議員は拍手を送っていません。また、その1カ月後の都民ファーストの会の政治資金パーティーでは、ほとんどの議員が参加する中、奥沢都議と斉藤都議は欠席しました。以前から奥沢都議と

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

都民ファ3都議が離党 羽田新ルートの「矛盾」きっかけに

東京都の小池知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の都議会議員3人が、党の意思決定方法などを批判して離党しました。2017年の都議会議員選挙以来、離党した議員は合わせて5人となりました。

 1月7日に離党したのは、奥沢高広、斉藤礼伊奈、森沢恭子の3都議です。会見で奥沢都議は「現状の都民ファーストの会では、私たちに寄せられた都民の意見が吸い上げられず、代表質問や予算要望などの政策決定や各種選挙などで、意思決定が不明瞭であると言わざるを得ない」と述べました。

 小池知事が代表を務めていた都民ファーストの会は、2017年7月の都議選で55人の当選者を出し、第1党に躍り出ました。今回離党を表明した3人はこの時、小池知事が掲げる「東京大改革」に共鳴し、公認候補として立候補していました。

 それから1年半──。3人は「予算要望など重要な議論が執行部だけで行われ、どのような話し合いが行われたのか執行部以外の議員に明らかにされない」ことなどを挙げ、「意思決定が不明瞭だ」として、離党に踏み切りました。

 離党に対し、小池知事は「都民からすると大義が分かりにくい。とても残念」とコメントしました。これについて会見で問われると、斉藤都議は「最初に知事と共に私の地元・多摩市と稲城市でお伝えした公約は、この先果たしていきたい。知事と大義を分かつわけではないと伝えていきたい」、森沢都議は「知事に反旗を翻すとか、都民ファーストの会と対立することを私たちは意図していない」と述べました。

 3人はいずれも、小池知事が進める「東京大改革」を支持する考えで、新たな会派「無所属 東京みらい」を設立し、活動していくということです。

<都政担当記者が見た 離党の兆し>

 都民ファーストの会は、2017年に音喜多駿都議と上田令子都議が離党していて、これで5人の議員が離党することになります。今回、3人が離党届を提出することに至った背景について、都庁担当記者の解説です。

 3人の離党の動きは、以前からありました。そもそも都民ファーストの会は、議員だけで活動してきた人以外にも医師や弁護士、民間企業出身など、さまざまな人、さまざまな考え方がある会派です。

 こうした所帯の中で、今回の離党の導火線は2018年9月に行われた品川区長選挙にありました。都民ファーストの会は元自民党都議の佐藤裕彦候補を推しました。佐藤候補は国が検討している羽田空港の新飛行ルートに反対する公約を掲げていました。

 新飛行ルートは品川区上空を通ることから、佐藤候補は反対していました。一方で、新飛行ルートは羽田空港の発着便を増やして空港の機能強化を図るものであることから、小池知事は容認の立場で、都民ファーストの会も知事にならって容認の方針でした。しかし品川区長選で都民ファーストの会は佐藤候補を推薦し、代表や幹事長、政調会長が応援に入るなど、羽田空港新ルートに関して異なる主張をする候補を応援していたことになります。

 これに異を唱えたのが、今回、離党を決意した品川区選出の森沢都議でした。森沢都議の10月1日のブログで「私たちが都議選で公約したことと矛盾する。都民ファーストの会と共にある自分の在り方を考え直さなくてはいけないと思っている」と記し、執行部を批判しました。

 その後、都民ファーストの会の議員を集めた総会が都議会内で開かれ、品川区長選についても話題が出ましたが、森沢都議のブログのことも含め、議員同士の激しいやりとりがありました。総会は、都議会の本会議が始まるために議論が煮え切らないままで終了となりましたが、その都議会本会議で今回の“離党劇”を連想させる場面をTOKYO MXのカメラが捉えていました。

 都議会で都民ファーストの会の議員が発言した際、所属議員が拍手をする中、今回離党した3人の議員は拍手を送っていません。また、その1カ月後の都民ファーストの会の政治資金パーティーでは、ほとんどの議員が参加する中、奥沢都議と斉藤都議は欠席しました。以前から奥沢都議と

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください