都立町田総合高校で教諭が生徒を殴る ネットに動画

東京・町田市の東京都立の高校で、50代の男性教諭が1年生の男子生徒の顔を殴るなどの体罰を加えていたことが明らかになりました。暴行の一部始終を撮影したとみられる動画がインターネット上で拡散していました。

 ツイッター上などに投稿されている映像には、1月15日、町田市にある都立町田総合高校の50代の男性教諭が、1年生の男子生徒を殴る様子が写っています。どうしたわけか、授業時間中の校舎内の廊下で起きた一部始終が撮影されていて、映像には、この教諭と生徒が激しい口論をしている様子が写っています。生徒が「ふざけんなよ、コラ」と言うと、教諭は「どうしたいんだよ」と言い返します。生徒はなおも「どうしたいじゃないんだよ。どう、落とし前つけるんだよ」と言い、さらに生徒は詰め寄り、教諭に向かって「ばかじゃないの。考えろよ。脳みそないのか。その小さい脳みそでよく考えろよ」と言い放ちます。すると、教諭は右手で生徒の顔を殴り、生徒を引きずり回しました。映像には、この後、他の生徒が2人を止めに入る様子も写っていました。

 東京都教育委員会によりますと、事の経緯は、男性教諭が授業のために教室に入っていくと、男性教諭が担当する生活指導について生徒から不満が伝えられたことが発端だということです。教諭と生徒は口論となり、徐々にヒートアップしました。すると、生徒から「廊下に出よう」と提案されました。さらに廊下でも2人の口論は続き、生徒が教諭を侮辱するような発言をしたところ、教諭が逆上し、生徒を殴ったということです。学校によりますと、教諭は2018年の4月にこの学校に着任したばかりで、教諭と生徒の間にはこれまで大きな問題はありませんでした。

 体罰があった都立町田総合高校は、忠生高校と町田高校家政科を統合再編して、忠生高校の跡地に開校した生徒数約700人の学校です。今回の事態が明らかになったことで18日に取材に応じた学校長は「被害を受けた生徒の心情やショック、気持ちのダメージを考えると、いたたまれなく、本当に申し訳なく思っている」と陳謝しました。また、学校によると、教諭は「感情的になってしまい、反省している」と話しているということです。

 今回の問題は、町田市民にも波紋を広げています。街では「(昔は)このぐらいの頃は、こういうのが普通だった。すごかった。ただ、今は(許されない時代)」「(今は)何でもすぐ取り上げられる時代。ただ、この場面だけでは(どういう状況なのか)前後の関係が分からない」などといった声も聞かれました。中には「私の母校。(この映像が)後輩から送られてきた。生徒も悪い部分があるし、どっちも悪い」と話すこの高校の卒業生もいました。

 定例会見で今回の件について見解を求められた東京都の小池知事は、体罰が学校教育法で禁じられていることを指摘した上で「体罰は避けなければならない。都教委はこれまで体罰根絶のため、いろいろなガイドラインを作ったり、校内研修などの取り組みを進めてきた。こうした中、事態が発生したことは残念」と話しました。

 東京都教育委員会は「教諭に関しては懲戒処分も含め、今後、厳正に対応していく」と話しています。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

都立町田総合高校で教諭が生徒を殴る ネットに動画

東京・町田市の東京都立の高校で、50代の男性教諭が1年生の男子生徒の顔を殴るなどの体罰を加えていたことが明らかになりました。暴行の一部始終を撮影したとみられる動画がインターネット上で拡散していました。

 ツイッター上などに投稿されている映像には、1月15日、町田市にある都立町田総合高校の50代の男性教諭が、1年生の男子生徒を殴る様子が写っています。どうしたわけか、授業時間中の校舎内の廊下で起きた一部始終が撮影されていて、映像には、この教諭と生徒が激しい口論をしている様子が写っています。生徒が「ふざけんなよ、コラ」と言うと、教諭は「どうしたいんだよ」と言い返します。生徒はなおも「どうしたいじゃないんだよ。どう、落とし前つけるんだよ」と言い、さらに生徒は詰め寄り、教諭に向かって「ばかじゃないの。考えろよ。脳みそないのか。その小さい脳みそでよく考えろよ」と言い放ちます。すると、教諭は右手で生徒の顔を殴り、生徒を引きずり回しました。映像には、この後、他の生徒が2人を止めに入る様子も写っていました。

 東京都教育委員会によりますと、事の経緯は、男性教諭が授業のために教室に入っていくと、男性教諭が担当する生活指導について生徒から不満が伝えられたことが発端だということです。教諭と生徒は口論となり、徐々にヒートアップしました。すると、生徒から「廊下に出よう」と提案されました。さらに廊下でも2人の口論は続き、生徒が教諭を侮辱するような発言をしたところ、教諭が逆上し、生徒を殴ったということです。学校によりますと、教諭は2018年の4月にこの学校に着任したばかりで、教諭と生徒の間にはこれまで大きな問題はありませんでした。

 体罰があった都立町田総合高校は、忠生高校と町田高校家政科を統合再編して、忠生高校の跡地に開校した生徒数約700人の学校です。今回の事態が明らかになったことで18日に取材に応じた学校長は「被害を受けた生徒の心情やショック、気持ちのダメージを考えると、いたたまれなく、本当に申し訳なく思っている」と陳謝しました。また、学校によると、教諭は「感情的になってしまい、反省している」と話しているということです。

 今回の問題は、町田市民にも波紋を広げています。街では「(昔は)このぐらいの頃は、こういうのが普通だった。すごかった。ただ、今は(許されない時代)」「(今は)何でもすぐ取り上げられる時代。ただ、この場面だけでは(どういう状況なのか)前後の関係が分からない」などといった声も聞かれました。中には「私の母校。(この映像が)後輩から送られてきた。生徒も悪い部分があるし、どっちも悪い」と話すこの高校の卒業生もいました。

 定例会見で今回の件について見解を求められた東京都の小池知事は、体罰が学校教育法で禁じられていることを指摘した上で「体罰は避けなければならない。都教委はこれまで体罰根絶のため、いろいろなガイドラインを作ったり、校内研修などの取り組みを進めてきた。こうした中、事態が発生したことは残念」と話しました。

 東京都教育委員会は「教諭に関しては懲戒処分も含め、今後、厳正に対応していく」と話しています。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください