高輪ゲートウェイ駅の非公認キャラ登場 なぜか大崎駅に

2020年の春、JR山手線で49年ぶりとなる新駅「高輪ゲートウェイ駅」が開業します。周辺ではホテルがオープンしたり新たなキャラクターが登場したりと、新駅の誕生をビジネスチャンスと捉える動きがすでに活発になっています。

 工事が進む高輪ゲートウェイ駅前に、観光客向けのホテルが誕生しました。「都シティ東京高輪」は地上10階建て・客室199のホテルで、優れた立地を生かし、宿泊需要の取り込みを狙います。室内は訪日外国人を意識して、100カ国の60言語に対応した外国語新聞や周辺観光案内を見ることができるタブレットが備えられ、世界的ベッドメーカーと共同開発したオリジナルベッドや、国内のホテルでは初となる「スマートフォンの画面をテレビに映すことができるサービス」も実施されています。長橋雅彦総支配人は「質の高い眠りを提供するベッド、洗い場付きのバスルーム、宿泊客専用のラウンジなど、快適な滞在をサポートしたい」と話し、質の高い「おもてなし」を提供したいと意気込んでいます。

 新駅誕生を盛り上げようというのは、新しい駅周辺の施設だけではありません。山手線で2つ隣の大崎駅には、高輪ゲートウェイ駅を応援するキャラクター、その名も「高輪ゲートウェイ太郎」が登場しました。体は山手線カラーのうぐいす色、おなかのマークは新駅の位置という姿で、今のところ“JR非公認のキャラクター”です。実はこのキャラクターはこれまで、大崎駅西口商店会のマスコットを務めてきましたが、今回、新駅周辺の盛り上げも兼務することになりました。高輪ゲートウェイ太郎は「普段は大崎で高輪ゲートウェイをPRしているよ。まだなじみのない駅だから、僕も高輪ゲートウェイも好きになってほしいな。高輪ゲートウェイのグッズを作ってもらって、もっと親近感を持ってほしい」と話しています。

 大崎駅周辺ではすでに人気者の「大崎一番太郎」が「高輪ゲートウェイ太郎」兼任となり、この日も新駅について身振り手振りでPRに余念がありません。街の人たちは「前から(大崎一番太郎は)知っていて、好き。高輪ゲートウェイのキャラクターになるなんて…。頑張ってほしい」「街の活性化にいいのでは」「駅名が漢字ではないが、ゲートウェイの名前が浸透するように頑張ってほしい。みんなで広めましょう」などと話していました。

 街の人気者「太郎」をデザインし、これまでさまざまなキャラクターの監修を務めてきたデザイナーの犬山秋彦さんは「太郎は著作権を放棄しているので、自由にグッズやポスターを作っていいし、面白いと思った人が太郎の活動に参加して、一緒に盛り上げてくれたら」と話し、親しみやすいキャラクターの力で街を盛り上げたいとしています。犬山さんはまた、今後はJR東日本から公認をもらい、一緒に新駅を盛り上げることが夢だと話しています。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

高輪ゲートウェイ駅の非公認キャラ登場 なぜか大崎駅に

2020年の春、JR山手線で49年ぶりとなる新駅「高輪ゲートウェイ駅」が開業します。周辺ではホテルがオープンしたり新たなキャラクターが登場したりと、新駅の誕生をビジネスチャンスと捉える動きがすでに活発になっています。

 工事が進む高輪ゲートウェイ駅前に、観光客向けのホテルが誕生しました。「都シティ東京高輪」は地上10階建て・客室199のホテルで、優れた立地を生かし、宿泊需要の取り込みを狙います。室内は訪日外国人を意識して、100カ国の60言語に対応した外国語新聞や周辺観光案内を見ることができるタブレットが備えられ、世界的ベッドメーカーと共同開発したオリジナルベッドや、国内のホテルでは初となる「スマートフォンの画面をテレビに映すことができるサービス」も実施されています。長橋雅彦総支配人は「質の高い眠りを提供するベッド、洗い場付きのバスルーム、宿泊客専用のラウンジなど、快適な滞在をサポートしたい」と話し、質の高い「おもてなし」を提供したいと意気込んでいます。

 新駅誕生を盛り上げようというのは、新しい駅周辺の施設だけではありません。山手線で2つ隣の大崎駅には、高輪ゲートウェイ駅を応援するキャラクター、その名も「高輪ゲートウェイ太郎」が登場しました。体は山手線カラーのうぐいす色、おなかのマークは新駅の位置という姿で、今のところ“JR非公認のキャラクター”です。実はこのキャラクターはこれまで、大崎駅西口商店会のマスコットを務めてきましたが、今回、新駅周辺の盛り上げも兼務することになりました。高輪ゲートウェイ太郎は「普段は大崎で高輪ゲートウェイをPRしているよ。まだなじみのない駅だから、僕も高輪ゲートウェイも好きになってほしいな。高輪ゲートウェイのグッズを作ってもらって、もっと親近感を持ってほしい」と話しています。

 大崎駅周辺ではすでに人気者の「大崎一番太郎」が「高輪ゲートウェイ太郎」兼任となり、この日も新駅について身振り手振りでPRに余念がありません。街の人たちは「前から(大崎一番太郎は)知っていて、好き。高輪ゲートウェイのキャラクターになるなんて…。頑張ってほしい」「街の活性化にいいのでは」「駅名が漢字ではないが、ゲートウェイの名前が浸透するように頑張ってほしい。みんなで広めましょう」などと話していました。

 街の人気者「太郎」をデザインし、これまでさまざまなキャラクターの監修を務めてきたデザイナーの犬山秋彦さんは「太郎は著作権を放棄しているので、自由にグッズやポスターを作っていいし、面白いと思った人が太郎の活動に参加して、一緒に盛り上げてくれたら」と話し、親しみやすいキャラクターの力で街を盛り上げたいとしています。犬山さんはまた、今後はJR東日本から公認をもらい、一緒に新駅を盛り上げることが夢だと話しています。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください