板橋区おすすめ観光スポット:デートや買い物ランチまで

板橋区は東京都の北西部に位置しており、広さで言うと東京23区の中で9番目に広い地域となっています。そんな板橋区は他の地域と比べるとそこまで派手な印象はありませんが、都心より郊外にあるため、ゆったりと過ごすことができるのが魅力です。そんな板橋区ではどんなデートスポットやおいしいランチを食べられる場所があるのでしょうか。

板橋区といえばいくつか有名なスポットがあります。まず1つは「東京大仏」の愛称で知られている乗蓮寺があります。またおいしいランチを食べたいのであれば「ハッピーロード大山商店街」へ足をのばしてみるのも楽しいでしょう。

また、お子さんがいるファミリーで出かける場合にオススメなのが「東板橋公園・こども動物園」です。大人は公園をゆっくりと散策することができますし、子供さんは動物園を楽しむこともできますので一石二鳥です。

都心では感じることができない郊外ならではの雰囲気を感じながら散策をするのも楽しいのではないでしょうか。忙しい日々を過ごしている中で、大人のデートをするのにも良いといわれているのが板橋区なのです。ちなみに食事では板橋区といえば激辛ラーメンで有名なラーメン店があることでも知られています。食事をするのであれば良い思い出作りとしてそこへ食べに行ってみるのも良いでしょう。

また春には桜が美しい場所も多いですから花見に訪れてみるのも良いですし、夏には有名な大きな花火大会がありますからデートをするにもオススメです。桜が特に有名なのは中板橋駅付近にある石神井川沿いにある桜道です。この付近には東京大仏もありますので、春に訪れるのも素敵です。

お風呂好きな人にも板橋区はオススメです。板橋区にはかなり多くの銭湯が存在しているのです。大きな銭湯ではお風呂を楽しむだけではなく、食事や岩盤浴などを楽しむことができるようになっていますので、いろんな銭湯を訪れてそれぞれの良さを楽しんでみるのも面白いです。

スポンサーリンク

乗蓮寺(東京大仏)のおすすめ観光スポット・名所【ポイント】

板橋区の赤塚にある乗蓮寺は隣りの埼玉県との県境にとても近い場所にあります。静かな環境に恵まれている赤塚は東京のベッドタウンの1つとなっています。そんな赤塚にある乗蓮寺には有名な「東京大仏」があります。

乗蓮寺

この大仏は高さが12.5mあり、重さは32トンとなっている巨大な大仏で、青銅製の鋳造大仏として奈良・鎌倉と共に日本三大大仏の1つに数えられています。正確には日本で3番目の大きさを誇っています。

地元の人々からは「赤塚大仏」と呼ばれて親しまれています。乗蓮寺の創建は1394年から1427年頃だといわれており、最初は同じ板橋区の仲町にあったものが江戸時代になって仲宿へ移動され、戦時中にかつて赤塚城の二の丸があった現在の場所へと移されました。かつて城だった場所なだけに大仏を見るためには長い階段をのぼっていかなければいけません。このお寺は新東京百景の1つとして選ばれているほど景観が良いことでも知られています。

階段をのぼりきってみるとすぐに大きな大仏を見ることができます。この大仏ができたのは昭和52年に作られていますので、比較的新しいものだということになります。作られた理由としてはかつて東京大空襲や関東大震災といった非常に大きな戦争や災害などが起きていたため、そういったことが二度と起きることがないようにという願いをこめたということです。

また、この乗蓮寺の境内にはかつて藤堂高虎が朝鮮から持ち帰ったといわれている様々な石像が安置されています。中でも特に印象的だと人気なのが、なんでも我慢をしてしまうという「がまんの鬼」と呼ばれている石像です。この像は大きな体をしている恐ろしい顔立ちの鬼が両手を握り締めて座り込み、何かを我慢しているような表情をしているものです。

他には七福神の像もありますから、境内を散策するだけで七福神を全て巡ることができるというのがうれしいところです。すぐ近くには板橋区立の赤塚植物園や赤塚不動の滝もありますので寄ってみるのもおすすめです。植物園は本当に近い距離にありますので、先に植物園をまわってから乗蓮寺へ寄るというのもゆっくりと過ごせるので良いでしょう。

ちなみに週末になりますと、平日より人も増えますので静かな雰囲気を感じたいのであれば平日に時間を作って出かけるようにすれば写真などを撮影するのも時間をかけてベストスポットを探すことができます。初詣の時期も非常に混雑する場所です。

ハッピーロード大山商店街

ハッピーロード大山商店街のおすすめ観光スポット・名所【ポイント】

「ハッピーロード大山商店街」は大山駅の改札口を出ると、そこにはすでに商店街の入り口があります。駅直結でアーケードがありますので、天候に関係することなく楽しむことができるスポットだといえます。ハッピーロード大山商店街は南口側にありますので、間違えないようにしましょう。

ランチをとるのであればこの商店街へ寄ってみると、いろんなお店がありますので見ているだけでも楽しむことができます。総菜屋さんはもちろんファミリーレストランや小さなカフェなどもありますので、惣菜を持って帰って食べてもよし、店内に入って座って食事を楽しむのも良しです。

この商店街の魅力といえば昔から続いているお店がいくつもあるというところです。昔懐かしい雰囲気を感じたい人にはとても人気の場所なのです。なんと、この商店街には食べ歩きで有名な芸能人が紹介をしたおいしい精肉店があるのです。せっかくですから、そのお店へ立ち寄ってみるのも楽しい思い出になるでしょう。

そのお店ではカツやコロッケなどを扱っており、創業80周年を迎えているというから驚きます。このように歴史のあるお店がいくつも軒を並べているのがこのハッピーロード大山商店街なのです。ちなみに、店先にはその芸能人が訪れた際に撮影された写真が看板となって置かれていますのですぐにわかります。

商店街は昔ながらということもあって、地元の人達や訪れた観光客達が休憩を気軽にできるようにということでアーケードに数mおきにベンチが設置されています。そのため、疲れたという時にはこのベンチに座って休むこともできますし、惣菜屋さんで何か買って出来たてのものを食べたい時にも座って食べることができます。

デザートで人気なのがクレープ専門店を昔から続けているお店です。こちらのお店は大きなピエロが目印となっています。クレープのお店ということで、その種類が本当に多いのでどれにしようか迷ってしまう人も多いそうです。そのため、人気のクレープをベスト30に選んで書いてあるのですが、メニューが非常に多いので見るのに少し苦労するというのもご愛嬌です。

一番安い価格なのはクレープの皮にチョコレートスプレーをまぶしただけというシンプルなもので、なんと300円以下で購入することができます。クレープ以外にソフトクリームも販売していますから夏場などに訪れた時にも重宝します。

こちらの商店街の特徴としてはどのお店の場合も一つ一つの価格がとてもお手頃だということです。うどんやそばのお店などもありますが、都心と比較すると価格がとてもリーズナブルなのでお得に食べられます。

東板橋公園

東板橋公園・こども動物園のおすすめ観光スポット・名所【ポイント】

東板橋公園にあるこども動物園で子供達にとても人気なのがポニーの体験乗馬です。しかもこの公園の何が魅力的かといえば親御さんにとってはとてもうれしい入園料が0円だということなのです。午前10時から午後4時30分まで自由に出入りすることができるようになっています。しかも時々イベントなども行われますので、毎週訪れたとしても飽きることがありません。

飼育している動物はポニー以外でも羊やヤギ、うさぎやモルモット、ニホンジカ、そしてフラミンゴです。鳥類ではフラミンゴのみとなっていますので貴重です。はなしがい広場ではその名の通り、放し飼いされているヤギや羊などに触れ合うことができますし、エサやりをすることもできるようになっていますのでお子さんと一緒に楽しむことができます。

ふれあいができる時間帯やエサやりをできる時間帯は決められていますので前もってチェックしてから出かけるようにしたほうが良いです。ふれあい時間に関しては雨が降った日は中止になりますので気をつけておきましょう。エサを与えることができるのはヤギと羊だけですので他の動物には与えてはいけません。またエサに関しては動物園で用意された野菜を与えることになっています。

そして小動物のモルモットを抱っこできる時間帯が用意されていますので、決められている時間帯に間に合うように出かけるのがオススメです。だっこ時間は一日2回に分けられており、午前中は1時間30分、午後は2時間ほど可能となっています。

ポニーの乗馬体験をできる年齢は3歳から小学6年生までとなっています。5歳以下のお子さんの場合、保護者が同伴している必要があります。また乗馬できる人数はポニーにストレスを与えないようにと一日で決められているので、早めに出かけるようにしたほうが良いでしょう。乗馬に関しても時間帯は決められています。

大人も一緒に楽しめるものとしてはポニー馬車があります。午前中1回、午後1回となっています。それぞれ各20組のみとなっているので予約できる時間帯になったらすぐに申し込んでおくようにしないと乗り損ねてしまうので注意が必要です。ポニー乗馬に乗れるのは小学6年生までのお子さんと保護者のみとなっています。大人同士で乗ることはできませんから理解しておくようにしましょう。

行われるイベントによってはポニーの乗馬などがその日はできないということもありえるので、前もって乗馬できる日かということを確認しておくといいです。

板橋区の観光・買い物・ランチのまとめ

都心はどこへ歩いてもいろんなお店がありますし、便利なものもたくさんあります。板橋区はそういう意味では都心から郊外へ外れた場所にありますので少し派手さには欠ける部分はあるといわれていますが、その代わりに自然も多くありますのでゆったりと過ごしたい方にはぴったりのお出かけ先だといえます。

ハッピーロード大山商店街

食事をするのであれば昔ながらのお店が数多く軒を並べているはピーロード大山商店街はおすすめです。昔ながらのお店があるのでなんとなく懐かしい印象を感じることができるだけではなく、おいしいランチも堪能することができるからです。もちろん現在ではおなじみのファミリーレストランなどもありますから、好きなものを食べることができます。ベンチがあるので、買ってすぐに何かを食べたい時にも座って休憩しながら食べられるのが便利です。

お子さん連れの場合は無料で入ることができる動物園はとても重宝します。普段ペットを飼えないというご家庭であっても動物園であれば動物達と触れ合う機会を与えてあげることができますし、なにより公園内にありますので大人同士もデートとしてゆったりと散策して景色を眺めるということもできます。東板橋公園は都営三田線の板橋区役所前駅で下車して徒歩10分で到着することができます。ただ駐車場は用意されていませんので、公共の交通機関を使って移動をするほうが便利です。

また板橋で有名なものを記念に見たいということであれば東京大仏は欠かせないでしょう。坐像の青銅製の大仏としては日本三大大仏の1つに数えられているほど有名で、お寺自体も週末や年末年始などになると人が特に多く訪れる場所となっています。面白い石像もいろいろとありますので、大仏以外でも見ていて飽きません。普段忙しく過ごしている方にはこういった場所は癒しを与えてくれるので良いです。

周辺には植物園などもあることから歩いて移動をしてデートを楽しむということもできます。意外な面白くて楽しい場所がたくさんあるのが板橋区なのです。

板橋区地名の由来「東京都板橋区編」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください