北区地名の由来「東京都北区編」

東京都北区は、武蔵野台地の東北縁部に位置しています。北区の面積は20.61平方キロメートルです。

新河岸川の北側にある浮間地区を除くと、京浜東北線に沿って西側に台地が広がっています。

これらの台地には、石神井川や水路などによって削られた谷地が複雑に分布しています。

更に、この台地部分を囲むように京浜東北線の東側と浮間地区には、荒川や隅田川などの蛇行と氾濫によって生じた広大な氾濫低地があります。

 

北区地名の由来としては、区の位置を明確にする名称に決める、という理由で、北区という地名になった経緯があります。

区名の案については、赤羽や城北などの候補がありましたが、最終的には、位置を明確にしたいということで、北区という地名に決まりました。

 

この由来については、誰もが納得できるシンプルな理由になっています。

北区には、区民の生活を改善するための課題があります。北区という地域が持っている良質な社会資源と自然価値を今以上に高めるために、区民間の連携を深めるとともに、生活ニーズを集約し、行政と協力した取り組みを進めていくことが検討されています。

 

また、駅周辺だけに限らず、団地周辺も含めた北区全域での商店街の活性化も課題になっています。

北区以外の地域から転入してくる方々が困らないような生活環境の整備も重要視されています。

都心へのアクセスの良さや由緒ある桜の名所など、北区には様々な魅力とやすらぎの空間があります。

そして、北区の魅力をより高められるような地域イメージの向上という点にも、大きな期待が寄せられています。

 

北区おすすめ観光スポット:デートや買い物ランチまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください