豊島区おすすめ観光スポット:デートや買い物ランチまで

池袋のランドマーク的役割を果たしているサンシャインシティのワールドインポートマートビルの屋上にサンシャイン水族館はあります。

日本初の屋上にある水族館として1978年10月に開館したサンシャイン水族館は、屋上という限られたスペースでの水族館という性質上、通常の水族館に比べるとフロア面積が狭いです。

しかし、開館以来、クリオネやデンキウナギ、オオカミウオなどをはじめとした世界的にも珍しい魚や水棲生物などを展示してきたことで、狭いながらも大きな満足感を得ることができる水族館として長きに渡って人気を博してきたのです。

スポンサーリンク

サンシャイン水族館のおすすめ観光スポット・名所【ポイント】

2011年8月に全面リニューアルを行ったサンシャイン水族館では、「天空のオアシス」をコンセプトに最新の展示手法を取り入れた今までにない新たな形の水族館として生まれ変わりました。

その結果、アミューズメント施設としてのエンタテインメント性を維持しつつ、来館者に癒しを感じさせることができるような水族館となったのです。

スタッフの解説と共にアロワナ、ドラド、ペンギン、ペリカン、アシカの食事の様子を観察することができるフィーデングタイムやカワウソのグリーディングタイム、アシカのパフォーマンスタイムなど魅力的なパフォーマンスも充実しています。

そして、サンシャイン水族館で展示されている動物の中でトップクラスの人気を誇るのがペンギンです。

人気の高いペンギンは、サンシャイン水族館の屋外エリアである「マリンガーデン」のリニューアルの際には主役を務めることになりました。

2017年7月12日にリニューアルオープンを果たしたマリンガーデンの目玉となるのは、世界初展示となる「天空のペンギン」「草原のペンギン」といった2つのペンギンコーナーです。

特に注目なのが「天空のペンギン」で、横幅12mもある大きな水槽を頭上に配置した世界初の展示方法となっています。

そのため、自分が水中にいるような不思議な感覚を楽しむことができるのです。

また、ペンギンがエサをめがけてダイナミックな泳ぎをする様子を観察することができる1日2回のペンギン・ダイビングタイムは必見です。

 

サンシャイン60通りのおすすめ観光スポット・名所【ポイント】

サンシャイン60通りは池袋駅東口付近にあるグリーン大通りの東口五差路から北東に分岐した通りであり、池袋駅の東口からサンシャインシティ方面へと向かう通りです。

サンシャインシティには、高層ビル屋内展望台で都内一の高さを誇るサンシャイン60をはじめとして池袋を代表するような観光スポットが数多くあります。

世界的にも珍しい魚や水棲生物を観察することができる日本初の屋上水族館のサンシャイン水族館や全国ご当地餃子の名店の味が一度に楽しめるうえに数多くのアトラクションまでも楽しむことができるナンジャタウン、「ONE PIECE」や「NARUTO -ナルト-」、「ドラゴンボール」と言った週刊少年ジャンプに掲載された大人気マンガ作品の世界を題材にしたアトラクションを楽しめるテーマパークであるJ-WORLD TOKYOなどのアミューズメント施設はワールドインポートマートにあります。

そして、古代オリエントに関する資料を展示している古代オリエント博物館や演劇や歌舞伎、映画上映会など幅広くエンターテイメントショーが開催されるサンシャイン劇場は文化会館にあります。

このようにサンシャイン60通りは、全国各地から観光客が訪れる観光スポットが数多くあるサンシャインシティへと続く道であるだけに、東京都民だけではなく全国各地から多くの人々が集まって来るのです。

また、池袋駅東口周辺はファーストフード店やファミリーレストラン、ラーメン店などの飲食店を中心に衣料品店などの商業施設が数多く立ち並んでいる池袋最大の繁華街となっています。

昼夜を問わず多くの人で賑わいを見せています。

そのため、深夜から早朝以外の時間帯こそ車両通行が可能ですが、ほとんどの時間は歩行者専用道路のようになっています。

ですから、サンシャイン60通りで買い物や食事をする人たちはもちろんのこと、観光のためにサンシャインシティへと向かう方にとってはかなり便利な通りとなっています。

そして、サンシャイン60通りには飲食店などの商業施設のほかにもゲームセンターや映画館などのアミューズメント施設もあるため、休日は特に多くの人たちで混雑する通りでもあります。

また、サンシャイン60通りにある飲食店や衣料店は全国展開をしているようなチェーン店も多いため、初めて池袋に出かけてきた方でも気軽にお店選びをすることができるはずです。

あと、サンシャイン60通りの周辺ではお祭りなどのイベントが行われることが多いので、池袋に観光に出かける予定がある方はイベントについて調べておくと観光をより楽しめると思います。

 

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台のおすすめ観光スポット・名所【ポイント】

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台は、池袋のランドマーク的役割を果たしているサンシャインシティの中核を担っている高さ239.7mの超高層ビルであるサンシャイン60の最上階に位置する展望台です。

2016年4月21日にSKY CIRCUS サンシャイン60展望台としてリニューアルオープンした以前から、都内の高層ビル屋内展望台の中では最高の高さを誇る展望台でした。

また、東京スカイツリーができる以前にはタワー展望台を含めて都内一の高さだったのです。

サンシャイン60の周辺には高いビルがありませんから、見晴らしの良さは抜群で全方向360度のパノラマの景色を楽しむことができます。

そのため、東京タワーや東京スカイツリーといった東京都内の人気観光スポットをはじめ新宿の高層ビル群なども見ることができるのです。

そういったことから人気の夜景スポットとしても知られ、デートスポットとしても人気です。

また、天気が良い日には富士山や筑波山なども見渡すことができることから、これまでにも数多くの観光客が訪れてきた東京の人気観光スポットでした。

しかし、東京スカイツリーの登場により観光客も減少傾向にあったことから、より魅力的な観光スポットとなるべく更なる付加価値を付けるためにリニューアル工事が行われたのです。

その結果、「見るだけの展望台」から新たに「体感する展望台」へと変貌を遂げたのです。

リニューアルオープン後の目玉はVR(バーチャルリアリティ)の世界を楽しむことができる最新テクノロジーを駆使した体感型コンテンツです。

「TOKYO弾丸フライト」と「スウィングコースター」がそれです。

VRデバイスを装着して大砲型のマシンに乗り込む「TOKYO弾丸フライト」では、未来の東京の名所を空を飛びながら巡ることができます。

映像だけじゃなく風を感じることもできるため、よりリアルな空中散歩を楽しむことができます。

また、数千メートルもの急降下やビルにぶつかりそうになる演出などがあり、想像以上にスリリングなコンテンツであるため、絶叫マシーン好きな方にはかなりおすすめです。

そして、「スウィングコースター」はブランコ型コースターに乗って池袋上空を滑空するというものです。

4人で同時に楽しむことができますが、体感するコースはそれぞれ別のものとなります。

ですから、大人数で観光を楽しむ方はもちろん、デートでSKY CIRCUS サンシャイン60展望台を訪れる方も、乗り終わったら自身が体感したコースについて説明し合って楽しむことも可能です。

眺めを楽しむ以外に今話題のVR体験をすることができるので、観光・デートに最適なスポットです。

 

巣鴨地蔵通り商店街のおすすめ観光スポット・名所【ポイント】

巣鴨地蔵通り商店街は、おばあちゃんの原宿とも呼ばれるほどの有名な商店街であり、テレビなど多くのメディアで採り上げられることが多いことから近年では若い人たちからも人気の高い商店街となっています。

また、巣鴨地蔵通り商店街には、とげぬき地蔵尊の名で多くの人から親しまれている巣鴨の名所・曹洞宗萬頂山高岩寺があります。

口にくわえた針を飲み込んでしまった女性が曹洞宗萬頂山高岩寺のご本尊である延命地蔵菩薩様の写しを飲んだところ、飲み込んだ針が地蔵尊の御影を貫いて出てきたというのが「とげ抜き地蔵」と呼ばれるようになった由来と言われています。

曹洞宗萬頂山高岩寺の地蔵菩薩様は秘仏であるため拝見させていただくことはできませんが、とげ抜き地蔵のその由来通りに、そのお姿を元に作られた御影に祈願してもご利益を受けることができるとされています。

そして、その御影は本堂で授与してもらうことができます。

その御影を痛い所に貼ったり、のどに骨が刺さったとき飲んだりすると治るといわれるので、体に痛い部分がある方は巣鴨地蔵通り商店街への観光がてらにとげぬき地蔵尊へ足を運んでみるといいと思います。

また、境内には聖観世音菩薩様があり、自身の悪い部分と同じ場所に水をかけて洗うと洗った所が良くなるとも言われていますから、とげぬき地蔵尊は健康面で気になる所がある方からの人気が高い観光スポットとなっています。

そして、毎月4日・14日・24日にはとげ抜き地蔵尊の縁日が開催されます。

地蔵通りに沿って露店が数多く並ぶ縁日は古き良き時代の日本の雰囲気を醸し出しており、老若男女奥の人たちで賑わいを見せます。

東京観光の際に4のつく日と重なったのであれば、とげ抜き地蔵尊の縁日に出向くと素敵な掘り出し物に出会える可能性もありますし、素敵な思い出にもなるはずです。

そして、とげぬき地蔵尊のほかにも巣鴨地蔵通り商店街には有名なお寺があります。

それが旅の無事を祈るお守り役である江戸六地蔵尊の一つがあることで知られる真言宗豊山派醫王山東光院眞性寺です。

江戸御府内に6箇所造立された地蔵尊は、東海道の尊像としての品川寺をはじめ、奥州街道沿いにある東禅寺、甲州街道沿いの太宗寺、水戸街道沿いの霊巌寺、千葉街道沿いにあった永代寺の地蔵尊と共に真言宗豊山派醫王山東光院眞性寺にあります。

毎年6月24日には江戸六地蔵の供養を行う百万遍大念珠供養が一年に一度行われるうえに、毎年7月16日にはえんままつりも開催され、参加者にはお菓子がふるまわれます。

 

豊島区おすすめ観光スポット【まとめ】

豊島区内で人気の観光スポットやデートスポットは池袋を中心に数多く存在します。

特にサンシャイン水族館やコニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City、SKY CIRCUS サンシャイン60展望台、ナンジャタウン、J-WORLD TOKYOなどデートにも最適なアミューズメント施設が多くあるサンシャインシティは魅力的な観光スポットとして人気となっています。

一時期は観光地としての人気に陰りが見え始めたこともありましたが、リニューアルにより新たな付加価値を付けることに成功したことで、再び脚光を浴び始めています。

また、JR池袋駅からサンシャインシティへと続くサンシャイン60通りとサンシャインシティ内には、数多くの飲食店や衣料品店があります。

そのため、ランチやディナーに最適なオシャレなお店はもちろんのこと、誰でも気軽に入れるような飲食チェーン店が立ち並んでいます。

また、衣料品店を中心に多くの商業施設や映画館・ゲームセンターなどもあることから、遊ぶ目的以外にも食事や買い物を存分に楽しめる地区となっていることから、若者から多くの支持を集めている人気の観光スポットとなっています。

また、その反面で巣鴨地蔵通り商店街のような古き良き日本の雰囲気を楽しむことができる観光スポットも存在します。

巣鴨地蔵通り商店街には曹洞宗萬頂山高岩寺や真言宗豊山派醫王山東光院眞性寺といったお寺のほかにも、日本神話に登場する猿田彦大神を合祀している巣鴨庚申塚があります。

そして、とげぬき地蔵尊の縁日をはじめ、いずれもお祭りが開催されるため祭り時期には特に巣鴨地蔵通り商店街も多くの人で賑わいを見せます。

また、お年寄りの原宿と称されてテレビなど多くのメディアで採り上げられる機会が多い巣鴨地蔵通り商店街ですが、近年ではお年寄りだけじゃなく全国各地から年齢に関係なく多くの人たちが訪れる人気観光スポットとなっているのです。

 

豊島区地名の由来「東京都豊島区編」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください