「荒川氾濫」避難は250万人想定 流域の東京5区が避難計画

東京都内を流れる荒川の氾濫を想定して、流域の5つの区が共同で避難計画を発表しました。広い範囲で2週間以上の浸水被害が出る恐れがあるとして、5つの区の住民の9割以上に当たる250万人に都外などへの広域避難を促す大規模な計画となっています。

 国土交通省が制作した「荒川の堤防が決壊した場合に想定される被害を描いた映像」には、水浸しになった銀座や濁流に飲み込まれる自動車など、流域はもちろん、都心部にまで甚大な被害を及ぼす恐れがあることが想定されていると分かります。

 もし実際に未曽有の大雨が発生したら荒川や江戸川流域の住民はどう対処すればよいのか、被害を防ぐための避難計画が発表されました。避難計画をまとめたのは、満潮時の海水面よりも低い「海抜ゼロメートル地帯」を抱える墨田区、江東区、足立区、葛飾区、江戸川区の5つの区でつくる協議会です。それぞれの区長らが出席した8月22日の会議で計画を決定しました。協議会の座長を務める、江戸川区の多田区長は「これまで経験したことがないような、想像を絶する大きな水害を想定している。江東5区全体が水没し、最大10メートルの浸水の深さになる」と危機感を示しました。

 計画では、かつてないような巨大な台風や猛烈な雨で荒川や江戸川が氾濫した場合、足立区や葛飾区などの広い範囲で5メートル以上の浸水被害が起きると想定しています。また、被害の期間も水が引くまでに2週間以上かかる地域が広範囲に及ぶ見込みです。そのため、氾濫の恐れがある場合、5つの区の住民の9割以上に当たる250万人に対し、隣接する県など、5つの区の外への広域的な避難を呼び掛けるとしています。アドバイザーを務める東京大学大学院の片田敏孝特任教授は「広域避難の問題は250万人が一斉に逃げるため、避難そのものが困難。大変な渋滞と混乱が予想される。地域を挙げてみんなで向かい合わないといけない問題」と指摘しました。

 5つの自治体は協力して、氾濫が懸念される2日前から避難を呼び掛けていくとしています。しかし250万人が一斉に避難することになるため、避難場所の確保や情報の伝達方法、渋滞や支援が必要な人への対応など、山積する課題への具体策を今後、検討していく必要があります。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

「荒川氾濫」避難は250万人想定 流域の東京5区が避難計画

東京都内を流れる荒川の氾濫を想定して、流域の5つの区が共同で避難計画を発表しました。広い範囲で2週間以上の浸水被害が出る恐れがあるとして、5つの区の住民の9割以上に当たる250万人に都外などへの広域避難を促す大規模な計画となっています。

 国土交通省が制作した「荒川の堤防が決壊した場合に想定される被害を描いた映像」には、水浸しになった銀座や濁流に飲み込まれる自動車など、流域はもちろん、都心部にまで甚大な被害を及ぼす恐れがあることが想定されていると分かります。

 もし実際に未曽有の大雨が発生したら荒川や江戸川流域の住民はどう対処すればよいのか、被害を防ぐための避難計画が発表されました。避難計画をまとめたのは、満潮時の海水面よりも低い「海抜ゼロメートル地帯」を抱える墨田区、江東区、足立区、葛飾区、江戸川区の5つの区でつくる協議会です。それぞれの区長らが出席した8月22日の会議で計画を決定しました。協議会の座長を務める、江戸川区の多田区長は「これまで経験したことがないような、想像を絶する大きな水害を想定している。江東5区全体が水没し、最大10メートルの浸水の深さになる」と危機感を示しました。

 計画では、かつてないような巨大な台風や猛烈な雨で荒川や江戸川が氾濫した場合、足立区や葛飾区などの広い範囲で5メートル以上の浸水被害が起きると想定しています。また、被害の期間も水が引くまでに2週間以上かかる地域が広範囲に及ぶ見込みです。そのため、氾濫の恐れがある場合、5つの区の住民の9割以上に当たる250万人に対し、隣接する県など、5つの区の外への広域的な避難を呼び掛けるとしています。アドバイザーを務める東京大学大学院の片田敏孝特任教授は「広域避難の問題は250万人が一斉に逃げるため、避難そのものが困難。大変な渋滞と混乱が予想される。地域を挙げてみんなで向かい合わないといけない問題」と指摘しました。

 5つの自治体は協力して、氾濫が懸念される2日前から避難を呼び掛けていくとしています。しかし250万人が一斉に避難することになるため、避難場所の確保や情報の伝達方法、渋滞や支援が必要な人への対応など、山積する課題への具体策を今後、検討していく必要があります。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください