バス待つ人を川柳で笑顔に 東京・八王子市のバス停

東京・八王子市で、バスを待つ人たちに笑顔を届けたいと、二人三脚で川柳を作って披露してきた2人がいます。その思いを聞きました。

 八王子市片倉町のバス停には季節外れの暑さを表した川柳『猛暑日の コップ一杯 命綱』が貼られています。

 バス停川柳は、近くに住む田原勘意さん(87)と真次弘さん(75)が2013年から始めました。田原さんは「バス停でしゃべっている人がほとんどいない。みんな黙って待っていた。一言、あいさつでもすればいいのにと思うぐらい黙っている。それをいたずらしてみたいなという下心。川柳があれば『あら面白いわね』と会話になるじゃないですか。それが狙いだった」と当時を振り返ります。

 近くで本屋を経営していた田原さんは、バス停で待っている人たちを見て、何かできないかと考えました。そして、俳句を趣味にしていた友人の真次さんに相談し「バス停川柳」を始めました。田原さんは「400首も作っていると、真次さんの心情が分かる。だから、この『コップ一杯』も私の感じる1杯とは違うんだろうなと思う」と話します。真次さんが詠んだ川柳から田原さんが選び、毎週月曜日に新作が披露されています。二人三脚でこの取り組みを続け、川柳は2018年内に500句に達するといいます。

『清明の 朝日を浴びて 散歩する』
『すしに来て 孫はウニトロ 爺(じい)カッパ』
『赤い糸 妻の指から ほどけそう』
『パンツとは ズボンのことよと 孫が言い』

 実は初めての1句は、2013年に開催が決まった東京オリンピック・パラリンピックの心情を表した『七年後 元気でいるか 生きてるか』でした。田原さんは「その時『生きてるか』なんて、怖いこと言っていいのかと思いながら句を発表した記憶が残っている」と話します。

 2人の今後の目標は──『バス停で いつも笑顔を 届けます』

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

バス待つ人を川柳で笑顔に 東京・八王子市のバス停

東京・八王子市で、バスを待つ人たちに笑顔を届けたいと、二人三脚で川柳を作って披露してきた2人がいます。その思いを聞きました。

 八王子市片倉町のバス停には季節外れの暑さを表した川柳『猛暑日の コップ一杯 命綱』が貼られています。

 バス停川柳は、近くに住む田原勘意さん(87)と真次弘さん(75)が2013年から始めました。田原さんは「バス停でしゃべっている人がほとんどいない。みんな黙って待っていた。一言、あいさつでもすればいいのにと思うぐらい黙っている。それをいたずらしてみたいなという下心。川柳があれば『あら面白いわね』と会話になるじゃないですか。それが狙いだった」と当時を振り返ります。

 近くで本屋を経営していた田原さんは、バス停で待っている人たちを見て、何かできないかと考えました。そして、俳句を趣味にしていた友人の真次さんに相談し「バス停川柳」を始めました。田原さんは「400首も作っていると、真次さんの心情が分かる。だから、この『コップ一杯』も私の感じる1杯とは違うんだろうなと思う」と話します。真次さんが詠んだ川柳から田原さんが選び、毎週月曜日に新作が披露されています。二人三脚でこの取り組みを続け、川柳は2018年内に500句に達するといいます。

『清明の 朝日を浴びて 散歩する』
『すしに来て 孫はウニトロ 爺(じい)カッパ』
『赤い糸 妻の指から ほどけそう』
『パンツとは ズボンのことよと 孫が言い』

 実は初めての1句は、2013年に開催が決まった東京オリンピック・パラリンピックの心情を表した『七年後 元気でいるか 生きてるか』でした。田原さんは「その時『生きてるか』なんて、怖いこと言っていいのかと思いながら句を発表した記憶が残っている」と話します。

 2人の今後の目標は──『バス停で いつも笑顔を 届けます』

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください