万葉の“回答書”内容は? 東京都に築地再開発の撤回求める

東京都の豊洲市場に整備予定の観光拠点「千客万来施設」の着工のめどが立たない問題で、運営事業者の万葉倶楽部は28日、築地市場跡地の具体的な再開発計画が明らかになっていないことから「事業実施の可否を判断できない状況にある」とする文書を、東京都に提出しました。

 この問題は、東京都と万葉倶楽部の間で長らく平行線が続いています。そして、万葉倶楽部が示した回答書の詳しい内容が分かりました。内容は全部で5つの項目で構成されています。万葉倶楽部側の見解をまとめました。

────────────

『1)築地再開発の知事基本方針を撤回し、平成29年(2017年)6月20日の臨時会見前の状態、つまり再公募時の状態に戻していただくことこそ、まずもっての「誠意」だと考えます』

 これは東京都の小池知事が発表した、築地の「食のテーマパーク」構想の白紙化を求めているものです。

『2)小池知事来訪時の「謝罪」の定義や「弊社からの条件」の認識に、大きな隔たり』

 5月1日に小池知事が万葉倶楽部本社を訪れた際について触れ、『撤回の意向はなく、従来からの冗長な説明を長谷川副知事とともに繰り返され、あたかも「アリバイづくり」との印象さえ感じる会談の内容となり、事態の進展は見られませんでした』としています。

『3)「コンセプトの両立や相乗効果」などという抽象論では事業性の精査はできません』

 3つめの見解ではさらに、『弊社はこれまで再三にわたって東京都に対して、築地再開発の具体的中身の説明を求め、その内容をもって事業計画を組み直し、事業採算性などの精査を行った上で、事業継続の可否を判断する、との姿勢で一貫している』とした上で、5月21日の築地再開発検討会議の最終報告についても『豊洲・築地の各役割の具体化・明確化はされず、弊社の事業性再精査の材料にもならないものが示されただけ、という結果となりました』と断じています。

『4)(都が)明確に答えていないのに、こちらには明確な答えを1週間以内に求めるという矛盾』

『5)東京都が結論を急ぎたいのであれば、補償の上、双方の合意による協定の解約を検討することは可能』

 最後に万葉倶楽部側は『一方的に本事業の実施を迫られても、採算の見通しさえも検討できない状況であり、現状のままでは事業実施の決断を下すことは困難』とまとめています。そして『東京都の都合により結論を急ぐのであれば、弊社がこれまでに投下した実経費(設計費や人件費などの各種経費)を補償していただき、双方の合意による早期の解約を検討することは可能』としています。

────────────

 万葉倶楽部は一貫して東京都が築地に「食のテーマパーク」を造る構想を示したことの白紙撤回を求め続けています。今回の「回答書」では、東京都が求めていた「千客万来施設」の事業継続を継続するかどうかついて触れませんでした。

 事業者が万葉倶楽部に決まってから既に2年近くがたっていますが、事態はなかなか進展していません。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

万葉の“回答書”内容は? 東京都に築地再開発の撤回求める

東京都の豊洲市場に整備予定の観光拠点「千客万来施設」の着工のめどが立たない問題で、運営事業者の万葉倶楽部は28日、築地市場跡地の具体的な再開発計画が明らかになっていないことから「事業実施の可否を判断できない状況にある」とする文書を、東京都に提出しました。

 この問題は、東京都と万葉倶楽部の間で長らく平行線が続いています。そして、万葉倶楽部が示した回答書の詳しい内容が分かりました。内容は全部で5つの項目で構成されています。万葉倶楽部側の見解をまとめました。

────────────

『1)築地再開発の知事基本方針を撤回し、平成29年(2017年)6月20日の臨時会見前の状態、つまり再公募時の状態に戻していただくことこそ、まずもっての「誠意」だと考えます』

 これは東京都の小池知事が発表した、築地の「食のテーマパーク」構想の白紙化を求めているものです。

『2)小池知事来訪時の「謝罪」の定義や「弊社からの条件」の認識に、大きな隔たり』

 5月1日に小池知事が万葉倶楽部本社を訪れた際について触れ、『撤回の意向はなく、従来からの冗長な説明を長谷川副知事とともに繰り返され、あたかも「アリバイづくり」との印象さえ感じる会談の内容となり、事態の進展は見られませんでした』としています。

『3)「コンセプトの両立や相乗効果」などという抽象論では事業性の精査はできません』

 3つめの見解ではさらに、『弊社はこれまで再三にわたって東京都に対して、築地再開発の具体的中身の説明を求め、その内容をもって事業計画を組み直し、事業採算性などの精査を行った上で、事業継続の可否を判断する、との姿勢で一貫している』とした上で、5月21日の築地再開発検討会議の最終報告についても『豊洲・築地の各役割の具体化・明確化はされず、弊社の事業性再精査の材料にもならないものが示されただけ、という結果となりました』と断じています。

『4)(都が)明確に答えていないのに、こちらには明確な答えを1週間以内に求めるという矛盾』

『5)東京都が結論を急ぎたいのであれば、補償の上、双方の合意による協定の解約を検討することは可能』

 最後に万葉倶楽部側は『一方的に本事業の実施を迫られても、採算の見通しさえも検討できない状況であり、現状のままでは事業実施の決断を下すことは困難』とまとめています。そして『東京都の都合により結論を急ぐのであれば、弊社がこれまでに投下した実経費(設計費や人件費などの各種経費)を補償していただき、双方の合意による早期の解約を検討することは可能』としています。

────────────

 万葉倶楽部は一貫して東京都が築地に「食のテーマパーク」を造る構想を示したことの白紙撤回を求め続けています。今回の「回答書」では、東京都が求めていた「千客万来施設」の事業継続を継続するかどうかついて触れませんでした。

 事業者が万葉倶楽部に決まってから既に2年近くがたっていますが、事態はなかなか進展していません。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください