“戦後日本最大のミステリー” 「府中3億円事件」から50年

1968年(昭和43年)に東京・府中市で、現金輸送車ごと3億円が奪われた事件から50年の節目を迎えました。当時、現場の近くで働いていた男性は50年前の様子を今でも鮮明に覚えています。

 府中市の「3億円事件」は“戦後日本最大のミステリー”と呼ばれています。1968年12月10日、府中刑務所の前の道路で、偽の白バイに乗った警察官姿の男が、銀行の現金輸送車に乗っていた行員に対して「爆弾が仕掛けられている」と伝え、行員4人を退避させた後、運転席に乗り込んでそのまま逃走しました。警視庁は府中警察署に捜査本部を置き、延べ17万人以上の捜査員を投入して捜査に当たりましたが、犯人を特定することができず、事件は1975年12月10日に時効を迎えました。

 当時、事件現場のすぐ近くでガソリンスタンドを経営していた松村昭彦さんは、犯人にだまされて車から退避した行員の様子を覚えています。行員らは、車が奪われたことに気付くと、松村さんの店に駆け込んできたといいます。松村さんは現場付近を指差し、「ここに塀と垣根があって、現金輸送車がいつ爆発するかおびえながら隠れて見ていたようだ。いつまでたっても何も起きないので見ると、車がなくなっていて、白バイだけ置いてあったと聞いた」と、事件当日の状況を説明しました。松村さんは「今はマンションになっている場所でガソリンスタンドをやっていた。そこに、襲われた銀行員の人が『襲われた』と、銀行に電話をかけた」と振り返ります。

 事件から1年ほどは、松村さんの店に警察官が聞き込みに来たり報道陣が押し寄せたりして、毎日が大騒ぎだったといいます。

 あれから50年──。松村さんは犯人の現在の姿に思いを寄せることがあるといいます。松村さんは「いま、犯人は何をしているんだろうと思う。とにかく大騒ぎでしたから」と語り、今でも犯人が捕まり、真実が明らかになることを望んでいます。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

“戦後日本最大のミステリー” 「府中3億円事件」から50年

1968年(昭和43年)に東京・府中市で、現金輸送車ごと3億円が奪われた事件から50年の節目を迎えました。当時、現場の近くで働いていた男性は50年前の様子を今でも鮮明に覚えています。

 府中市の「3億円事件」は“戦後日本最大のミステリー”と呼ばれています。1968年12月10日、府中刑務所の前の道路で、偽の白バイに乗った警察官姿の男が、銀行の現金輸送車に乗っていた行員に対して「爆弾が仕掛けられている」と伝え、行員4人を退避させた後、運転席に乗り込んでそのまま逃走しました。警視庁は府中警察署に捜査本部を置き、延べ17万人以上の捜査員を投入して捜査に当たりましたが、犯人を特定することができず、事件は1975年12月10日に時効を迎えました。

 当時、事件現場のすぐ近くでガソリンスタンドを経営していた松村昭彦さんは、犯人にだまされて車から退避した行員の様子を覚えています。行員らは、車が奪われたことに気付くと、松村さんの店に駆け込んできたといいます。松村さんは現場付近を指差し、「ここに塀と垣根があって、現金輸送車がいつ爆発するかおびえながら隠れて見ていたようだ。いつまでたっても何も起きないので見ると、車がなくなっていて、白バイだけ置いてあったと聞いた」と、事件当日の状況を説明しました。松村さんは「今はマンションになっている場所でガソリンスタンドをやっていた。そこに、襲われた銀行員の人が『襲われた』と、銀行に電話をかけた」と振り返ります。

 事件から1年ほどは、松村さんの店に警察官が聞き込みに来たり報道陣が押し寄せたりして、毎日が大騒ぎだったといいます。

 あれから50年──。松村さんは犯人の現在の姿に思いを寄せることがあるといいます。松村さんは「いま、犯人は何をしているんだろうと思う。とにかく大騒ぎでしたから」と語り、今でも犯人が捕まり、真実が明らかになることを望んでいます。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください