日大、身内選手に“他人行儀” 悪質タックル選手の会見受け

アメリカンフットボールの試合で相手にけがをさせた日本大学の選手が記者会見したことを受け、日大は5月22日夜、コーチから「相手のクオーターバック(QB)をつぶせ」という指示があったことを認めました。ただ「よく使う言葉」だとして、反則の指示を否定しています。

 22日午後に会見した日大の宮川泰介選手は「内田正人前監督が『(相手選手を)つぶせば試合に出してやる』と言っている」とコーチから伝えられたと説明しました。宮川選手は会見で「私は監督に対して直接『相手のQBをつぶしにいくので使ってください』と伝えました。監督からは『やらなきゃ意味ないよ』と言われました。試合前の整列の時、井上コーチから『できませんでしたでは済まされないぞ。分かっているな』と念を押されました」と語りました。

 この会見を受け、日大は「相手のQBをつぶせ」という指示があったことを認めました。ただ「ゲーム前によく使う言葉」で、「最初のプレーから思い切って当たれ」という意味だとし、意図的な指示ではないことを改めて主張しました。

 一方、けがをした関西学院大学の選手からの被害届を受け、警視庁は傷害の疑いを視野に捜査する方針です。

<関学大アメフト部OB・キャスター有馬隼人の視点>

 日大の宮川泰介選手の会見を受けて、日本大学広報部は同じ日のうちにコメントを発表しました。しかし、私にはこのコメント文に幾つか気になる点があります。

 コメント文の中には「監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったということは事実です」という記述があります。これは、宮川選手が会見の中で、コーチからの指示とともに「監督の指示を、コーチから受け取った」と認識していることを受けて、書かれていると思われます。しかし、これが「監督の指示はない」ということにはならないかもしれません。

 また、コメント文の中にある「宮川選手が会見で話されたとおり」という表現にも違和感があります。大学の広報部が発表する場合「本学学生が」という表現を使うことが多く、日本大学広報部にとって“身内”の学生である宮川選手について「本学学生で、アメフト部選手の宮川が話した通り」とせずに「宮川選手が会見で話されたとおり」と表現することは、どこか突き放した他人行儀な表現で、寂しく、違和感を感じます。

 この文章の続きには「(宮川選手)本人と監督は話す機会がほとんどない状況でありました」「宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していた」とあります。宮川選手が会見の中で「監督と話す機会をあまり持てなかった」と話した点を拾い上げ、今回の反則行為に至った理由が「コミュニケーション不足が原因」という説明をしているようにも取れます。

■有馬隼人キャスター
関西学院大学アメフト部出身。中心選手として学生日本一を経験。2017年10月からTOKYO MX NEWS(平日午後6時~)のメインキャスター。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

日大、身内選手に“他人行儀” 悪質タックル選手の会見受け

アメリカンフットボールの試合で相手にけがをさせた日本大学の選手が記者会見したことを受け、日大は5月22日夜、コーチから「相手のクオーターバック(QB)をつぶせ」という指示があったことを認めました。ただ「よく使う言葉」だとして、反則の指示を否定しています。

 22日午後に会見した日大の宮川泰介選手は「内田正人前監督が『(相手選手を)つぶせば試合に出してやる』と言っている」とコーチから伝えられたと説明しました。宮川選手は会見で「私は監督に対して直接『相手のQBをつぶしにいくので使ってください』と伝えました。監督からは『やらなきゃ意味ないよ』と言われました。試合前の整列の時、井上コーチから『できませんでしたでは済まされないぞ。分かっているな』と念を押されました」と語りました。

 この会見を受け、日大は「相手のQBをつぶせ」という指示があったことを認めました。ただ「ゲーム前によく使う言葉」で、「最初のプレーから思い切って当たれ」という意味だとし、意図的な指示ではないことを改めて主張しました。

 一方、けがをした関西学院大学の選手からの被害届を受け、警視庁は傷害の疑いを視野に捜査する方針です。

<関学大アメフト部OB・キャスター有馬隼人の視点>

 日大の宮川泰介選手の会見を受けて、日本大学広報部は同じ日のうちにコメントを発表しました。しかし、私にはこのコメント文に幾つか気になる点があります。

 コメント文の中には「監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったということは事実です」という記述があります。これは、宮川選手が会見の中で、コーチからの指示とともに「監督の指示を、コーチから受け取った」と認識していることを受けて、書かれていると思われます。しかし、これが「監督の指示はない」ということにはならないかもしれません。

 また、コメント文の中にある「宮川選手が会見で話されたとおり」という表現にも違和感があります。大学の広報部が発表する場合「本学学生が」という表現を使うことが多く、日本大学広報部にとって“身内”の学生である宮川選手について「本学学生で、アメフト部選手の宮川が話した通り」とせずに「宮川選手が会見で話されたとおり」と表現することは、どこか突き放した他人行儀な表現で、寂しく、違和感を感じます。

 この文章の続きには「(宮川選手)本人と監督は話す機会がほとんどない状況でありました」「宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していた」とあります。宮川選手が会見の中で「監督と話す機会をあまり持てなかった」と話した点を拾い上げ、今回の反則行為に至った理由が「コミュニケーション不足が原因」という説明をしているようにも取れます。

■有馬隼人キャスター
関西学院大学アメフト部出身。中心選手として学生日本一を経験。2017年10月からTOKYO MX NEWS(平日午後6時~)のメインキャスター。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください