東京で留学気分 リアルなセットで学ぶ「英語村」が人気

日本を訪れる外国人観光客が増える中、英語を話せるようになりたいという人も多いかもしれません。東京都は今年9月、都内にいながらまるで留学したかのような雰囲気で学べる「英語村」をオープンします。この施設は、飛行機の機内やレストラン、ホテルなどさまざまな生活シーンにおける英語を学ぶことができる場所で、小学生から高校生を対象としています。そんな中、一足早く民間の「英語村」が人気を集めています。テーマは「使える英語」です。

 東京・中央区銀座にある「英語村」は、予備校などを経営する四谷学院が1年前にオープンしました。英会話を学ぶために作られたセットには貴金属店や薬局、書店が並んでいて、小物も外国製品で、リアルな空間で英語を学ぶことができます。他にも、肉や魚などが並ぶ海外のスーパーマーケットのブース、ゴルフ場、さらにはカジノなどが再現されています。55の生活体験を通して、より実践的に学ぶことができます。

 レッスンを受ける小宮孝子さん(72)は将来、日本を訪れた外国人を自宅に招き、料理教室を開きたいと考えています。小宮さんは「たくさんの外国人が訪れる日本で、また英語をしゃべれるようになりたいという思いが湧いてきた」と話します。小宮さんの手元を見てみると、テキストはありません。そのため、場面に合わせた細かい表現を確認することができます。フライパンに油を塗る場面では、トーマス先生が英語で「(フライパンに油を塗る動きは)『コート(coat)』と言います。上着のコートを羽織るのと同じイメージで、フライパン全体に油を塗る。coat the pan in oil(フライパンに油を塗る)と言います」と指導しました。習ったフレーズは先生がメモをしているため、後で復習することができます。小宮さんは「1つのブースの中でいろいろなことができる。いろいろな(料理の)作り方のフレーズを覚えようと思っている」と話します。

 講師は、学びに来る人の中で訪日外国人をサポートしたいという意欲が高まっていると感じていて「生徒の多くは訪日外国人を助けたいと考えている。五輪の前にもかかわらず、それは本当に素晴らしいこと」(トーマス先生)と語ります。

 2年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて通い始めた人もいます。川越綾子さん(64)は「東京五輪で、できたらボランティア活動をしたい」と語ります。川越さんはこの日、電車の乗り換え案内を練習しました。川越さんは「ありがとうと言われるのはすごくうれしい。いろいろな国の選手のお手伝いができたらとてもいい」と話します。

 授業は主にマンツーマンで、1レッスン7560円からという料金設定で、小学生から70代まで幅広い年代の人が集まっているということです。55段階英語村の植野治彦代表は「訪日外国人はいろいろなことを知りたい、聞きたい、話したい。われわれがガードを張るのではなく、オープンにする。そういうマインドをつくることが大事」として、「英語が話せる、使える喜びを実際に早く身に付けさせたい」と話しています。東京オリンピックが2年後に迫る中、その場で使える実践的な英語教育が広がりつつあります。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

東京で留学気分 リアルなセットで学ぶ「英語村」が人気

日本を訪れる外国人観光客が増える中、英語を話せるようになりたいという人も多いかもしれません。東京都は今年9月、都内にいながらまるで留学したかのような雰囲気で学べる「英語村」をオープンします。この施設は、飛行機の機内やレストラン、ホテルなどさまざまな生活シーンにおける英語を学ぶことができる場所で、小学生から高校生を対象としています。そんな中、一足早く民間の「英語村」が人気を集めています。テーマは「使える英語」です。

 東京・中央区銀座にある「英語村」は、予備校などを経営する四谷学院が1年前にオープンしました。英会話を学ぶために作られたセットには貴金属店や薬局、書店が並んでいて、小物も外国製品で、リアルな空間で英語を学ぶことができます。他にも、肉や魚などが並ぶ海外のスーパーマーケットのブース、ゴルフ場、さらにはカジノなどが再現されています。55の生活体験を通して、より実践的に学ぶことができます。

 レッスンを受ける小宮孝子さん(72)は将来、日本を訪れた外国人を自宅に招き、料理教室を開きたいと考えています。小宮さんは「たくさんの外国人が訪れる日本で、また英語をしゃべれるようになりたいという思いが湧いてきた」と話します。小宮さんの手元を見てみると、テキストはありません。そのため、場面に合わせた細かい表現を確認することができます。フライパンに油を塗る場面では、トーマス先生が英語で「(フライパンに油を塗る動きは)『コート(coat)』と言います。上着のコートを羽織るのと同じイメージで、フライパン全体に油を塗る。coat the pan in oil(フライパンに油を塗る)と言います」と指導しました。習ったフレーズは先生がメモをしているため、後で復習することができます。小宮さんは「1つのブースの中でいろいろなことができる。いろいろな(料理の)作り方のフレーズを覚えようと思っている」と話します。

 講師は、学びに来る人の中で訪日外国人をサポートしたいという意欲が高まっていると感じていて「生徒の多くは訪日外国人を助けたいと考えている。五輪の前にもかかわらず、それは本当に素晴らしいこと」(トーマス先生)と語ります。

 2年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて通い始めた人もいます。川越綾子さん(64)は「東京五輪で、できたらボランティア活動をしたい」と語ります。川越さんはこの日、電車の乗り換え案内を練習しました。川越さんは「ありがとうと言われるのはすごくうれしい。いろいろな国の選手のお手伝いができたらとてもいい」と話します。

 授業は主にマンツーマンで、1レッスン7560円からという料金設定で、小学生から70代まで幅広い年代の人が集まっているということです。55段階英語村の植野治彦代表は「訪日外国人はいろいろなことを知りたい、聞きたい、話したい。われわれがガードを張るのではなく、オープンにする。そういうマインドをつくることが大事」として、「英語が話せる、使える喜びを実際に早く身に付けさせたい」と話しています。東京オリンピックが2年後に迫る中、その場で使える実践的な英語教育が広がりつつあります。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください