東京・足立区の中学校で「性教育」 自民都議が不適切と批判

東京・足立区立の中学校で性を扱った授業の内容に対して、3月の東京都議会で批判の声が上がりました。学校での性教育については、文部科学省の学習指導要領に記載があります。中学校では「受精、妊娠を取り扱い、妊娠の経過は取り扱わない。保護者の理解を得る」という表記があります。また、高校では「妊娠、人工妊娠中絶の内容に触れる」とあります。こうした中、足立区立の中学校で3月に、本来は高校で取り扱う避妊や人工妊娠中絶について扱う授業が行われました。これについて、都議会自民党の古賀俊昭都議が「生徒の発達段階を無視した指導で、不適切」などと批判しています。この授業について4月26日、東京都教育委員会が足立区に対して指導方針を決めました。

 東京都教育委員会は足立区の中学校で行われた性教育の授業について、学習指導要領を超える内容の授業が「保護者の理解を必ずしも十分に得ないまま行われた」とした上で「課題のある授業」としました。そして足立区の教育委員会に対し、今後、要領を超える性教育の授業を行う場合には事前に全保護者に説明して、保護者の理解を得られた生徒を対象に個別に授業するなど、取り組み方法について指導する方針を示しました。

 都議会で「不適切な性教育では」と問題視した都議会自民党の古賀俊昭都議は取材に対し「学習指導要領が教育の大綱としてある。その内容を踏まえていなければ、是正していかなければいけない。性交や人工妊娠中絶を教えるべきだと思うならば、まず学習指導要領の改定を主張すべき。順序が間違っていると思う」と述べ、「要領を守るべきだ」と指摘しました。

 一方、足立区の教育委員会は「まだ東京都から連絡を受けていない」とした上で、「性教育としては要領から逸脱しているかもしれないが、授業は人権教育の一環で行われたもので性教育の認識はない」「保護者への了解については課題があった」としています。

<都議が批判の性教育 中学校の授業内容は>

 足立区の中学校で行われた授業は3年生を対象に行われ、「自分の性行動を考える~妊娠と中絶~」という名称でした。この授業をした理由は、学校が事前に実施した「妊娠・中絶」についてのアンケートで知識の乏しさが歴然としていることや、確実に大人に近づいていく生徒に性の安全を保障するためなどとされています。

 具体的な授業内容は、冒頭で性の特徴について人間と他の生き物の違い、避妊の方法や人工妊娠中絶について触れています。その後、具体的な事例を基にしたパネルディスカッションをしたり、中絶の実態として10代の割合が高いことや、中絶が法律的に認められている時期があること、避妊具の種類や入手方法についても触れています。

 今回、この授業について東京都教育委員会は不適切とはせずに「課題」があったと指導し「学習要領を超える内容を指導する場合には事前に保護者全員に説明し、理解を得た上で対応する」などとしています。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

東京・足立区の中学校で「性教育」 自民都議が不適切と批判

東京・足立区立の中学校で性を扱った授業の内容に対して、3月の東京都議会で批判の声が上がりました。学校での性教育については、文部科学省の学習指導要領に記載があります。中学校では「受精、妊娠を取り扱い、妊娠の経過は取り扱わない。保護者の理解を得る」という表記があります。また、高校では「妊娠、人工妊娠中絶の内容に触れる」とあります。こうした中、足立区立の中学校で3月に、本来は高校で取り扱う避妊や人工妊娠中絶について扱う授業が行われました。これについて、都議会自民党の古賀俊昭都議が「生徒の発達段階を無視した指導で、不適切」などと批判しています。この授業について4月26日、東京都教育委員会が足立区に対して指導方針を決めました。

 東京都教育委員会は足立区の中学校で行われた性教育の授業について、学習指導要領を超える内容の授業が「保護者の理解を必ずしも十分に得ないまま行われた」とした上で「課題のある授業」としました。そして足立区の教育委員会に対し、今後、要領を超える性教育の授業を行う場合には事前に全保護者に説明して、保護者の理解を得られた生徒を対象に個別に授業するなど、取り組み方法について指導する方針を示しました。

 都議会で「不適切な性教育では」と問題視した都議会自民党の古賀俊昭都議は取材に対し「学習指導要領が教育の大綱としてある。その内容を踏まえていなければ、是正していかなければいけない。性交や人工妊娠中絶を教えるべきだと思うならば、まず学習指導要領の改定を主張すべき。順序が間違っていると思う」と述べ、「要領を守るべきだ」と指摘しました。

 一方、足立区の教育委員会は「まだ東京都から連絡を受けていない」とした上で、「性教育としては要領から逸脱しているかもしれないが、授業は人権教育の一環で行われたもので性教育の認識はない」「保護者への了解については課題があった」としています。

<都議が批判の性教育 中学校の授業内容は>

 足立区の中学校で行われた授業は3年生を対象に行われ、「自分の性行動を考える~妊娠と中絶~」という名称でした。この授業をした理由は、学校が事前に実施した「妊娠・中絶」についてのアンケートで知識の乏しさが歴然としていることや、確実に大人に近づいていく生徒に性の安全を保障するためなどとされています。

 具体的な授業内容は、冒頭で性の特徴について人間と他の生き物の違い、避妊の方法や人工妊娠中絶について触れています。その後、具体的な事例を基にしたパネルディスカッションをしたり、中絶の実態として10代の割合が高いことや、中絶が法律的に認められている時期があること、避妊具の種類や入手方法についても触れています。

 今回、この授業について東京都教育委員会は不適切とはせずに「課題」があったと指導し「学習要領を超える内容を指導する場合には事前に保護者全員に説明し、理解を得た上で対応する」などとしています。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください