知名度低い「首都大」 20年から再び「東京都立大学」

東京都の小池知事は、都が設置している大学「首都大学東京」の名称について、2020年4月から元の名称である「東京都立大学」に変更する方針を発表しました。大学の知名度の低さが課題となる中、在学生からはさまざまな声が上がっています。

 小池知事は8月24日の定例記者会見で、首都大学東京の理事長から24日午前、大学名を変更するという報告があったことを発表しました。

 首都大学東京は当時の石原知事が公約を実現する形で、東京都立大学など4つの学校を統合して2005年に開学しました。首都大学東京という名前は公募で寄せられたもので、石原知事は2004年当時、「この問題で苦労しているスタッフが最後にいろいろ考えて『これしかない。どうでしょう』と言うので『それは結構だ。なかなかハイカラ感じもする』ということで、首都大学東京になった」と説明していました。

 しかし、学生を対象にしたアンケートでは「大学名や知名度を改善してほしい」と答えた人が46.1%に上り、回答のあった項目の中でトップとなっていました。

 こうした中、ことし7月に小池知事が都庁で行われた会議で、名称を都立大に戻すことも一つの考え方と言及し「これから進めていくブランディング戦略の一つ。大学名を変えるぐらいの大胆な改革をスピード感を持って進めることが必要」と述べていました。これを受けて大学側は8月22日に理事長や学長ら約10人が出席する会議を開き、名称の変更について協議しました。24日の会見で小池知事は「実績は重ねてきたので、ただ単に元に戻るのではなく、むしろ新しい時代を切り開くという考え方が必要なのではないか」と述べました。

 今後、都議会での議決など一連の手続きを経た上で、2020年4月から「都立大」の名称が復活する見込みです。

 名称変更が決まった首都大学東京の南大沢キャンパス(八王子市)では、学生から「都立大学は名門という感じ。首都大学東京よりも知っている人が多いと思う」「いま首都大に通っているから『都立大学じゃないからね』と思う」「やっと名前が通るところになって、通じればいいけれど少し不安」「それなら、元から変えないでほしかった。僕たちは首都大学東京の学生。(名前に愛着は?)いや、都立大学の方がかっこいいと思う」などとさまざまな声が聞かれました。

 一方、目黒区には「名前の復活」を歓迎する街があります。東急電鉄の都立大学駅は、その名の通り、かつて都立大学があった場所の近くの駅です。しかし大学は移転した上、大学名も変わり、今では『存在しない大学の名前が付いた駅』になってしまっています。駅の利用客からは「素晴らしい。都立大学という名前を使っていて、大学がないのはおかしい」「街のどこを見ても『都立大』という名前が使われている。やっぱり必要」「長いこと住んでいたので懐かしい」「いいと思う。昔からある駅名だから賛成」など、大学名変更を歓迎する声が多く聞かれました。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

知名度低い「首都大」 20年から再び「東京都立大学」

東京都の小池知事は、都が設置している大学「首都大学東京」の名称について、2020年4月から元の名称である「東京都立大学」に変更する方針を発表しました。大学の知名度の低さが課題となる中、在学生からはさまざまな声が上がっています。

 小池知事は8月24日の定例記者会見で、首都大学東京の理事長から24日午前、大学名を変更するという報告があったことを発表しました。

 首都大学東京は当時の石原知事が公約を実現する形で、東京都立大学など4つの学校を統合して2005年に開学しました。首都大学東京という名前は公募で寄せられたもので、石原知事は2004年当時、「この問題で苦労しているスタッフが最後にいろいろ考えて『これしかない。どうでしょう』と言うので『それは結構だ。なかなかハイカラ感じもする』ということで、首都大学東京になった」と説明していました。

 しかし、学生を対象にしたアンケートでは「大学名や知名度を改善してほしい」と答えた人が46.1%に上り、回答のあった項目の中でトップとなっていました。

 こうした中、ことし7月に小池知事が都庁で行われた会議で、名称を都立大に戻すことも一つの考え方と言及し「これから進めていくブランディング戦略の一つ。大学名を変えるぐらいの大胆な改革をスピード感を持って進めることが必要」と述べていました。これを受けて大学側は8月22日に理事長や学長ら約10人が出席する会議を開き、名称の変更について協議しました。24日の会見で小池知事は「実績は重ねてきたので、ただ単に元に戻るのではなく、むしろ新しい時代を切り開くという考え方が必要なのではないか」と述べました。

 今後、都議会での議決など一連の手続きを経た上で、2020年4月から「都立大」の名称が復活する見込みです。

 名称変更が決まった首都大学東京の南大沢キャンパス(八王子市)では、学生から「都立大学は名門という感じ。首都大学東京よりも知っている人が多いと思う」「いま首都大に通っているから『都立大学じゃないからね』と思う」「やっと名前が通るところになって、通じればいいけれど少し不安」「それなら、元から変えないでほしかった。僕たちは首都大学東京の学生。(名前に愛着は?)いや、都立大学の方がかっこいいと思う」などとさまざまな声が聞かれました。

 一方、目黒区には「名前の復活」を歓迎する街があります。東急電鉄の都立大学駅は、その名の通り、かつて都立大学があった場所の近くの駅です。しかし大学は移転した上、大学名も変わり、今では『存在しない大学の名前が付いた駅』になってしまっています。駅の利用客からは「素晴らしい。都立大学という名前を使っていて、大学がないのはおかしい」「街のどこを見ても『都立大』という名前が使われている。やっぱり必要」「長いこと住んでいたので懐かしい」「いいと思う。昔からある駅名だから賛成」など、大学名変更を歓迎する声が多く聞かれました。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください