神田明神 新施設で江戸の「粋」を世界に発信!

1300年の歴史を持ち、江戸総鎮守として広く信仰を集める東京・千代田区の神田明神に新たな施設が誕生しました。増加を続ける訪日外国人を意識して、江戸の「粋」を世界に発信する文化交流施設として期待が集まっています。

 730年に創建された神田明神は、縁結びや商売繁盛、厄除けの神として古くから信仰を集めてきました。中でも毎年5月に行われる神田祭りは江戸の粋を今に伝える勇壮な祭りとして、日本三大祭りの一つに数えられています。

 歴史ある神田明神の境内に誕生した施設の名は「EDOCCO」です。伝統継承と新たな文化の創出をコンセプトに造られました。新しい施設は境内と一体となっていて、地下1階から4階まで5つのフロアで日本の伝統文化を発信します。1階には神田明神を代表する「勝守(かちまもり)」や、秋葉原が近いということでITのお守りなどが並ぶ新札授与所と、さまざまな伝統工芸品が販売される土産店が設けられています。また、神田明神で祈祷された「おまいり豆」や神棚にそろえる神具など、ここでしか手に入らないお土産の数々が並びます。

 古くからお供え物としても用いられ、神社と相性のいい「枡(ます)」をコンセプトにしたカフェも作られました。ここでは神田明神ならではのオリジナルメニューも豊富に用意されています。「明神プリン」は境内で手作りされ、縁結びの祈祷を受けています。また、神田明神から「エールを送る」という意味を込めて「神社声援」は「ジンジャーエール」と読ませています。他にも、枡を器に使って、江戸時代から食されてきた季節の料理を盛り「益々(ますます)の繁昌」の願いを込めた御膳など、オリジナルメニューを堪能することができます。

 施設内には訪日外国人を意識して、金工作家の宮田亮平さんら日本が世界に誇る芸術家の作品も展示され、日本の魅力を伝えます。

 2階と3階は最大収容人数およそ700人の多目的ホールで、本殿のデザインを継承する「和モダン」の空間となっています。このステージでは各種式典やジャパンカルチャーの発信地として、ライブやコンサートも行われます。

 地下1階では日本文化の体験もできます。お座敷芸や落語といった古典芸能のほか、併設されている着物店で色鮮やかな着物をレンタルして、着付け体験をすることもできます。

 1300年の歴史を誇る神田明神の新たな施設について、大島居信史宮司は「大変多くの人にお参りに来てもらっていて、半数近くが外国人と思われる。外国の人にも日本の良き伝統文化を伝えるべく、文化交流館を建て、日本の歴史・伝統・文化を発信していきたい」と話しています。

 日本の伝統を継承するこの施設は年中無休で、午前10時から午後10時まで営業しています。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

神田明神 新施設で江戸の「粋」を世界に発信!

1300年の歴史を持ち、江戸総鎮守として広く信仰を集める東京・千代田区の神田明神に新たな施設が誕生しました。増加を続ける訪日外国人を意識して、江戸の「粋」を世界に発信する文化交流施設として期待が集まっています。

 730年に創建された神田明神は、縁結びや商売繁盛、厄除けの神として古くから信仰を集めてきました。中でも毎年5月に行われる神田祭りは江戸の粋を今に伝える勇壮な祭りとして、日本三大祭りの一つに数えられています。

 歴史ある神田明神の境内に誕生した施設の名は「EDOCCO」です。伝統継承と新たな文化の創出をコンセプトに造られました。新しい施設は境内と一体となっていて、地下1階から4階まで5つのフロアで日本の伝統文化を発信します。1階には神田明神を代表する「勝守(かちまもり)」や、秋葉原が近いということでITのお守りなどが並ぶ新札授与所と、さまざまな伝統工芸品が販売される土産店が設けられています。また、神田明神で祈祷された「おまいり豆」や神棚にそろえる神具など、ここでしか手に入らないお土産の数々が並びます。

 古くからお供え物としても用いられ、神社と相性のいい「枡(ます)」をコンセプトにしたカフェも作られました。ここでは神田明神ならではのオリジナルメニューも豊富に用意されています。「明神プリン」は境内で手作りされ、縁結びの祈祷を受けています。また、神田明神から「エールを送る」という意味を込めて「神社声援」は「ジンジャーエール」と読ませています。他にも、枡を器に使って、江戸時代から食されてきた季節の料理を盛り「益々(ますます)の繁昌」の願いを込めた御膳など、オリジナルメニューを堪能することができます。

 施設内には訪日外国人を意識して、金工作家の宮田亮平さんら日本が世界に誇る芸術家の作品も展示され、日本の魅力を伝えます。

 2階と3階は最大収容人数およそ700人の多目的ホールで、本殿のデザインを継承する「和モダン」の空間となっています。このステージでは各種式典やジャパンカルチャーの発信地として、ライブやコンサートも行われます。

 地下1階では日本文化の体験もできます。お座敷芸や落語といった古典芸能のほか、併設されている着物店で色鮮やかな着物をレンタルして、着付け体験をすることもできます。

 1300年の歴史を誇る神田明神の新たな施設について、大島居信史宮司は「大変多くの人にお参りに来てもらっていて、半数近くが外国人と思われる。外国の人にも日本の良き伝統文化を伝えるべく、文化交流館を建て、日本の歴史・伝統・文化を発信していきたい」と話しています。

 日本の伝統を継承するこの施設は年中無休で、午前10時から午後10時まで営業しています。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください