自宅が宿泊施設に! 「民泊新法」で何が変わる?

6月15日から、自分の住んでいる家などに有料でお客を泊めることができる、いわゆる「民泊新法」が施行されます。正式には「住宅宿泊事業法」という名前です。民泊新法では、自分の住んでいる住宅などを民泊施設として使いたい場合は自治体への届け出が必要となります。受理されると自治体が監督する形となり、宿泊施設として営業ができ、宿泊者から利用料を取ることができます。ただし条件もあって、宿泊の提供は年間で180日以内、宿泊者1人当たりの床面積は最低3.3平方メートル、うその届け出をした場合は罰金100万円、などが定められています。増え続ける外国人旅行者の宿泊施設不足の解消にも注目が集まる「民泊」について、東京都内の現状を取材しました。

 「民泊新法」が施行される前日の14日、東京・渋谷区のホールに詰め掛けた報道陣を前に壇上に上がったのは、民泊仲介大手・エアビーアンドビーの共同創業者、ネイサン・ブレチャージク氏です。ブレチャージク氏は「法の施行は、ホームシェア経済のターニングポイントになる」「新しいパートナーとの取り組みに非常わくわくしている。日本にとってホームシェアが必ずやメリットをもたらすと信じている」と語り、民泊新法に期待を寄せました。

 年々増え続ける外国人旅行者に、日本の宿泊施設の印象について聞いてみました。フィリピンから来た人は「とてもすてきでいいと思う。でもちょっと宿泊費が高いかな」、イギリスから来た人は「コンパクトだね。バスルームはとても良かった。小さいけれど機能的だった」、フィリピンから来た人は「滞在が長い場合は民泊を選んでいる。でも短い滞在だったらホテルを選ぶ。ホテルは値段が高いから」などさまざまな声が聞かれ、手頃な値段で宿泊できるとして、多くの外国人が民泊を利用していました。

 しかし民泊は近年、トラブルが多発していて、施行される新法は安全面・衛生面の確保や騒音などの近隣トラブルに対応するために作られました。今回、届け出の窓口となる自治体はその対応に追われています。東京都内で事業者の届け出数が一番多い新宿区は、3月の受け付け開始から1000件以上の相談が寄せられました。区は臨時で職員を増やして対応に当たっています。実は新宿区は5年前から民泊に関連した苦情が急増していて、民泊の法制化に期待を寄せています。新宿区保健所・衛生課の稲川訓子課長は「地域に迷惑を掛けている存在というイメージが区内では多いので、いい事業者が現れてそういうイメージを払拭(ふっしょく)し、事業の適正化が図られていくのが理想だと思っている」と話しています。

 一方、事業者側は今回の新法をどのように見ているのでしょうか。大田区で新たに民泊を始める事業者、内村喜信さんを訪ねました。大田区で町工場を営む内村さんの手元には12日、大田区から届け出受理の知らせが届きました。内村さんは「(民泊は)すぐできると思ったが、こんなにかかるとは思わなかった。法律ができて良かった」と語ります。というのも、内村さんは大田区で国家戦略特区の制度を利用して民泊を行えるようになった際に、一度、事業を始めようとしていました。しかし「火災警報器を付けないと『特区民泊』は取れない」など、多くの手続きや制限から、民泊を始めることが難しかったといいます。内村さんは今回、自宅の一部を民泊で使用する「家主居住型」で民泊を申請をしていて、新法ではこの規模の部屋の場合、防火扉や特別な火災警報器などの設備が必要ないため、晴れて民泊を始めることができるようになりました。内村さんは「民泊に泊まれば庶民の暮らしが見られる。(自分の営む)工場も皆さんに見てもらって、日本の良さを感じてほしい」と話しています。

 民泊が法制化されることに対して、外国人からも「外国人にとってもいいこと。東京で良質な宿が見つけやすくなると思う」(フランスから来た人)、「みんなの安全のためにはいいこと。安全は大切」(フィリピンから来た人)など、歓迎する声が聞かれました。

 いよいよ始まる「民泊新

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

自宅が宿泊施設に! 「民泊新法」で何が変わる?

6月15日から、自分の住んでいる家などに有料でお客を泊めることができる、いわゆる「民泊新法」が施行されます。正式には「住宅宿泊事業法」という名前です。民泊新法では、自分の住んでいる住宅などを民泊施設として使いたい場合は自治体への届け出が必要となります。受理されると自治体が監督する形となり、宿泊施設として営業ができ、宿泊者から利用料を取ることができます。ただし条件もあって、宿泊の提供は年間で180日以内、宿泊者1人当たりの床面積は最低3.3平方メートル、うその届け出をした場合は罰金100万円、などが定められています。増え続ける外国人旅行者の宿泊施設不足の解消にも注目が集まる「民泊」について、東京都内の現状を取材しました。

 「民泊新法」が施行される前日の14日、東京・渋谷区のホールに詰め掛けた報道陣を前に壇上に上がったのは、民泊仲介大手・エアビーアンドビーの共同創業者、ネイサン・ブレチャージク氏です。ブレチャージク氏は「法の施行は、ホームシェア経済のターニングポイントになる」「新しいパートナーとの取り組みに非常わくわくしている。日本にとってホームシェアが必ずやメリットをもたらすと信じている」と語り、民泊新法に期待を寄せました。

 年々増え続ける外国人旅行者に、日本の宿泊施設の印象について聞いてみました。フィリピンから来た人は「とてもすてきでいいと思う。でもちょっと宿泊費が高いかな」、イギリスから来た人は「コンパクトだね。バスルームはとても良かった。小さいけれど機能的だった」、フィリピンから来た人は「滞在が長い場合は民泊を選んでいる。でも短い滞在だったらホテルを選ぶ。ホテルは値段が高いから」などさまざまな声が聞かれ、手頃な値段で宿泊できるとして、多くの外国人が民泊を利用していました。

 しかし民泊は近年、トラブルが多発していて、施行される新法は安全面・衛生面の確保や騒音などの近隣トラブルに対応するために作られました。今回、届け出の窓口となる自治体はその対応に追われています。東京都内で事業者の届け出数が一番多い新宿区は、3月の受け付け開始から1000件以上の相談が寄せられました。区は臨時で職員を増やして対応に当たっています。実は新宿区は5年前から民泊に関連した苦情が急増していて、民泊の法制化に期待を寄せています。新宿区保健所・衛生課の稲川訓子課長は「地域に迷惑を掛けている存在というイメージが区内では多いので、いい事業者が現れてそういうイメージを払拭(ふっしょく)し、事業の適正化が図られていくのが理想だと思っている」と話しています。

 一方、事業者側は今回の新法をどのように見ているのでしょうか。大田区で新たに民泊を始める事業者、内村喜信さんを訪ねました。大田区で町工場を営む内村さんの手元には12日、大田区から届け出受理の知らせが届きました。内村さんは「(民泊は)すぐできると思ったが、こんなにかかるとは思わなかった。法律ができて良かった」と語ります。というのも、内村さんは大田区で国家戦略特区の制度を利用して民泊を行えるようになった際に、一度、事業を始めようとしていました。しかし「火災警報器を付けないと『特区民泊』は取れない」など、多くの手続きや制限から、民泊を始めることが難しかったといいます。内村さんは今回、自宅の一部を民泊で使用する「家主居住型」で民泊を申請をしていて、新法ではこの規模の部屋の場合、防火扉や特別な火災警報器などの設備が必要ないため、晴れて民泊を始めることができるようになりました。内村さんは「民泊に泊まれば庶民の暮らしが見られる。(自分の営む)工場も皆さんに見てもらって、日本の良さを感じてほしい」と話しています。

 民泊が法制化されることに対して、外国人からも「外国人にとってもいいこと。東京で良質な宿が見つけやすくなると思う」(フランスから来た人)、「みんなの安全のためにはいいこと。安全は大切」(フィリピンから来た人)など、歓迎する声が聞かれました。

 いよいよ始まる「民泊新

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください