訪日客が運転のカート、看板に衝突 東京・六本木

4月30日の夜、東京・港区で外国人に人気のレンタルカートが歩道に乗り上げ、飲食店の看板にぶつかる事故がありました。街の人から不安の声も上がる中、警視庁はレンタル業者に安全対策の徹底を指導しました。

 30日夜、港区六本木の飲食店の前で、1台の「マリカー」と呼ばれる公道を走るレンタルカートが事故を起こし、近くにあった看板やガラスが割れました。事故を目撃した人は「すごく大きな音がして怖かった。カートがコントロールを失って突っ込んできて、置いてあったメニューが壊れた」と話しました。

 警視庁によりますと当時は5台のカートが連なって走っていて、前から2台目のレンタルカートを運転していたシンガポール人の30代女性がアクセルとブレーキを踏み間違えたために事故が起きたということです。この事故でけがをした人はいませんでした。

 こうした中、事故翌日も東京都心では人気キャラクターのコスチュームを身にまとい、カートのドライブを楽しむ外国人の姿が見られました。レンタルカートは多くの人が行き交う渋谷のスクランブル交差点でも連日のように目にします。

 街の人からは「かわいらしくて楽しそう」という声もある一方で「危険で怖い」という声も多く聞かれました。街の人は「最初見た時、かわいいと思った。でも今回の事故で怖いと感じる」「僕も車の運転をするけれど、怖い。車と車の間に入ってくる」「全然関係ない歩行者に危害が加わるなら、やめるべきと思う」などと話しました。

 警視庁によりますと、2017年3月からの1年間で東京都内で起きたレンタルカートの事故は58件あり、そのうち9割近くが外国人ドライバーの関わる事故でした。警視庁は5月1日、改めて都内でカートを運営する業者に安全対策を徹底するよう指導しました。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

訪日客が運転のカート、看板に衝突 東京・六本木

4月30日の夜、東京・港区で外国人に人気のレンタルカートが歩道に乗り上げ、飲食店の看板にぶつかる事故がありました。街の人から不安の声も上がる中、警視庁はレンタル業者に安全対策の徹底を指導しました。

 30日夜、港区六本木の飲食店の前で、1台の「マリカー」と呼ばれる公道を走るレンタルカートが事故を起こし、近くにあった看板やガラスが割れました。事故を目撃した人は「すごく大きな音がして怖かった。カートがコントロールを失って突っ込んできて、置いてあったメニューが壊れた」と話しました。

 警視庁によりますと当時は5台のカートが連なって走っていて、前から2台目のレンタルカートを運転していたシンガポール人の30代女性がアクセルとブレーキを踏み間違えたために事故が起きたということです。この事故でけがをした人はいませんでした。

 こうした中、事故翌日も東京都心では人気キャラクターのコスチュームを身にまとい、カートのドライブを楽しむ外国人の姿が見られました。レンタルカートは多くの人が行き交う渋谷のスクランブル交差点でも連日のように目にします。

 街の人からは「かわいらしくて楽しそう」という声もある一方で「危険で怖い」という声も多く聞かれました。街の人は「最初見た時、かわいいと思った。でも今回の事故で怖いと感じる」「僕も車の運転をするけれど、怖い。車と車の間に入ってくる」「全然関係ない歩行者に危害が加わるなら、やめるべきと思う」などと話しました。

 警視庁によりますと、2017年3月からの1年間で東京都内で起きたレンタルカートの事故は58件あり、そのうち9割近くが外国人ドライバーの関わる事故でした。警視庁は5月1日、改めて都内でカートを運営する業者に安全対策を徹底するよう指導しました。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください