1泊300万円も! オークラ新本館は“民間の迎賓館”

2019年の完成に向けて建て替え工事が行われている東京・虎ノ門にある「ホテルオークラ東京」の新たなホテルの全貌が明らかになりました。以前は1つの建物だった本館跡地には、新たにグレードの違う17階建てと41階建ての2つの建物が建ち、旧本館の持つ「日本の美」を継承しながら、最新の設備と機能を兼ね備えた「民間の迎賓館」を掲げた超高級路線の施設へと生まれ変わります。

 1962年に港区虎ノ門に開業してから50年余りを迎えるホテルオークラ東京は、世界から要人や賓客が訪れ、昭和から平成の華やかな歴史の表舞台を担ってきました。多くのファンをとりこにしてきた和と欧米のモダニズム建築を融合させた格調高いデザインや、世界を魅了した美意識を引き継ぎ、新たなホテルへと生まれ変わるオークラは、現在、内装工事が進められています。記者発表でホテルオークラの荻田敏宏社長は「海外の要人を含め、さまざまな賓客を迎える、世界でもトップホテルと評されるホテルになるよう努力していく」と語りました。

 新本館はフィットネスやチャペルなども入る地上41階建ての「プレステージタワー」と、ホテル施設に特化した17階建ての「ヘリテージウイング」の2棟から成ります。プレステージタワーのメインロビーは、象徴的だった「オークラ・ランターン」など旧本館ロビーの装飾品をできる限り引き継ぎ、かつてのロビーを復元します。また、注目はプレステージタワーの最上部に位置するスイートルームです。2つのフロアを使ったスイートルームの広さは日本最大の720平方メートルで、1泊の料金は300万円です。シアタールームや打たせ湯なども設けられ、究極のスイートルームを目指します。その他の標準的な客室も、一般的な高級ホテルより1.5倍から2倍の広さの、50~60平方メートルほどに拡大し、宿泊料金は従来の2倍以上となる4万5000円からという高級感あふれた空間にします。日本を代表するホテルの新たな形の誕生に、荻田社長は「日本を代表するリーディングホテルとして、民間の迎賓館としての役割を果たしていきたい。世界の賓客の多様なニーズに応えられるよう、ホテル運営をできれば」と語っています。

 新たな本館は、名前を「ジ・オークラ・東京」と改め、2019年の9月にオープンします。

テレビ局が自社で製作した、または自社で放送したテレビ番組をネット上で公開するように作られたチャンネルというものが存在しています。TOKYO MX動画チャンネルもそのひとつで、東京を中心として関東圏内で放送されているTOKYO MXのネット動画チャンネルになっており、ニュース番組やゲーム系の番組に関しては丸々視聴することが可能です。
色々な動画が無料で見られるようになっていることから、テレビではなくネットで番組を見たいという方にとって便利になっています。パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレット端末からも視聴できるようになっており、サッカー番組、ゲーム番組、情報番組の動画が特に人気だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

TOKYO MX動画チャンネルポイント

OKYO MX動画チャンネルがおすすめな理由は会員登録をする必要が無いこと、完全無料で視聴できること、オリジナルコンテンツが見られることなどが挙げられます。流石はテレビ局と言えるようなバラエティーに富んだ番組ラインナップも魅力的になっているため、好みのコンテンツを見つけやすいというのもおすすめできるポイントです。
東京都民や関東地方在住者ならテレビでTOKYO MXを視聴することも可能ですが、地方に住んでいる方はテレビでの視聴が事実上不可能に近いのでネット配信が大変喜ばれてもいます。TOKYO MXが受信できない地域にお住まいでもTOKYO MXの番組を見たい、そんな方にも利用を推奨できるチャンネルになっているのです。

1泊300万円も! オークラ新本館は“民間の迎賓館”

2019年の完成に向けて建て替え工事が行われている東京・虎ノ門にある「ホテルオークラ東京」の新たなホテルの全貌が明らかになりました。以前は1つの建物だった本館跡地には、新たにグレードの違う17階建てと41階建ての2つの建物が建ち、旧本館の持つ「日本の美」を継承しながら、最新の設備と機能を兼ね備えた「民間の迎賓館」を掲げた超高級路線の施設へと生まれ変わります。

 1962年に港区虎ノ門に開業してから50年余りを迎えるホテルオークラ東京は、世界から要人や賓客が訪れ、昭和から平成の華やかな歴史の表舞台を担ってきました。多くのファンをとりこにしてきた和と欧米のモダニズム建築を融合させた格調高いデザインや、世界を魅了した美意識を引き継ぎ、新たなホテルへと生まれ変わるオークラは、現在、内装工事が進められています。記者発表でホテルオークラの荻田敏宏社長は「海外の要人を含め、さまざまな賓客を迎える、世界でもトップホテルと評されるホテルになるよう努力していく」と語りました。

 新本館はフィットネスやチャペルなども入る地上41階建ての「プレステージタワー」と、ホテル施設に特化した17階建ての「ヘリテージウイング」の2棟から成ります。プレステージタワーのメインロビーは、象徴的だった「オークラ・ランターン」など旧本館ロビーの装飾品をできる限り引き継ぎ、かつてのロビーを復元します。また、注目はプレステージタワーの最上部に位置するスイートルームです。2つのフロアを使ったスイートルームの広さは日本最大の720平方メートルで、1泊の料金は300万円です。シアタールームや打たせ湯なども設けられ、究極のスイートルームを目指します。その他の標準的な客室も、一般的な高級ホテルより1.5倍から2倍の広さの、50~60平方メートルほどに拡大し、宿泊料金は従来の2倍以上となる4万5000円からという高級感あふれた空間にします。日本を代表するホテルの新たな形の誕生に、荻田社長は「日本を代表するリーディングホテルとして、民間の迎賓館としての役割を果たしていきたい。世界の賓客の多様なニーズに応えられるよう、ホテル運営をできれば」と語っています。

 新たな本館は、名前を「ジ・オークラ・東京」と改め、2019年の9月にオープンします。

既に放送された動画を簡単にタダで見られる?!

全てではありませんがTOKYO MXで作成された、既に放送された動画を簡単にタダで見られるというのは非常に有難く魅力的であると言えるでしょう。番組だけでなくCMの視聴も可能ですしジャンルごとに好みのコンテンツを探ることもできるようになっています。
都知事の定例記者会見や本会議場での中継などもリアルタイムでチェックできるため、娯楽目的ではなく東京で起きた出来事をチェックするためのニュースツールとして活用することも可能です。かなり幅広い使い方ができるチャンネルなのだと認識しておいていいでしょう。
アップロードされている動画は全てテレビ局が提供しているため、視聴には違法性がまったくないため安心して見ることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください