足立区地名の由来「東京都足立区編」

足立区地名の由来は、武蔵国の歴史と深い関係があるのが特徴で、古代の昔にまで遡ることが可能です。

荒川低地と中川低地の間には、洪積台地の大宮台地という地形があります。

大宮台地は北足立台地と呼ばれることからも分かるように、この地域は古くから足立と呼ばれていました。

足立区の面積は53.25平方キロメートルです。

足立区地名の由来は、武蔵国足立郡に由来するもので、その領域は細長い大宮台地を中心に広がっていました。

足立郡の地域には有力な人物が支配していたらしく、台地の周辺には古墳が多いことも特徴になっています。

現在の足立区の地域には、西新井大師が平安時代に建立されているため、古代の昔から先進的な文化が流入していたことになります。

 

足立郡は現在の埼玉県鴻巣市から東京都足立区の付近にかけて存在していましたが、近代化の時代には分裂することになり、北足立郡と南足立郡の2つに分かれることになったのです。

南足立郡が成立したのは1878年のことで、その範囲については現状の足立区とほぼ同じになっています。

正式に足立区の地名が採用されたのは、1943年に東京都が発足してからです。

 

 

足立郡の全域で見ると、現在の足立区は南端部にあるため、中心からは外れています。

中心部は大宮の氷川神社がある場所で、古代からの聖地として崇められています。

足立区にも多くの氷川神社があるため、古代からの関連が深いことを意味しています。

一説によると、足立の地名は日本武尊に由来するとされるため、氷川信仰や日本神話との関連にも注目できます。

 

足立区の楽しいおすすめ観光スポット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください