荒川区おすすめ観光スポット:デートや買い物ランチまで

荒川区には昔懐かしいスポットがたくさんありますので、昔の雰囲気を感じてみたいという方は足を運んでみるのも楽しめます。下町と呼ばれるような所の商店街も多く、かなりリーズナブルな価格で食べ物を買うことができるため、ちょっとした食べ歩きをしたい時に出かけていくつかのお店をはしごしてみると下町グルメを堪能することができます。

 

手芸好きの方は日暮里繊維街でお気に入りのお店を見つけるのも楽しめます。とにかく一つ一つのお店のほとんどが問屋なので、置いてあるものの種類がとても豊富ですし、生地もここでしか買えないものなどもいろいろとありますし、価格も問屋価格でとても安いですからまとめて欲しいものを買って帰るという人が多いです。

そんな荒川区のおすすめ観光スポットを紹介します。

 

スポンサーリンク

日暮里繊維街のおすすめ観光スポット・名所【ポイント】

手芸が好きな人にとってはたまらない街があります。それが「日暮里繊維街」です。こちらは60年以上もの歴史がある古き良き街であると同時にリーズナブルに手芸用やインテリア用の布などを入手できるということで人気となっています。日暮里繊維街には全国から安くて種類豊富な布などを求めて人が集まってくることで知られています。荒川区の観光名所であるこちらはJR山手線の日暮里駅から日暮里中央通りにかけて80店舗以上が並んでいますのでどこを見ていいか迷ってしまうほどです。

 

日暮里繊維街

さらに手芸用品だけではなく、ニポカジと呼ばれる若い方を中心に流行しているファッションをリーズナブルな価格で購入できるため、ファッションの街としても有名となっています。ただほとんどのお店は夕方にはすでに閉まっているということも珍しくないため、出かけるのであれば早めに出かけておくほうが良いでしょう。

 

もちろん日暮里繊維街内でおいしいグルメも堪能できます。スイーツを食べたい方におすすめの添加物を一切使っていないシフォンケーキのお店や洋食を食べたい方にはトロトロに煮込まれた牛バラ肉がおいしいビーフシチューを食べることができるレストランもあります。可愛いお店が好きな方にはぴったりのお店となっています。

 

また日暮里繊維街のすぐそばには卵サンドイッチがオススメのお店もあります。このお店のサンドイッチは普通の卵サンドイッチのようにゆで卵をつぶしたものにマヨネーズを加えたものではなく、なんと玉子焼きがサンドされています。日暮里繊維街へ行く時にはこのたまご焼きサンドも食べてみるのがおすすめです。このお店ではドリンクの「ルシアン」も人気です。ルシアンとはコーヒーとココアを半分ずつ混ぜ合わせたもので、ちょうど良い甘さで特に女性には好評です。

 

そして昭和生まれの方にはかなり懐かしい感覚を感じることができるカフェ・レストランもありますので寄ってみるのも良いです。ホットケーキやナポリタンなど、なんだか懐かしさを感じることができるメニューが盛りだくさんとなっています。

 

あらかわ遊園のおすすめ観光スポット・名所

JR高崎線・東北本線尾久駅で下車し、徒歩で11分ほどの場所に「あらかわ遊園」があります。こちらが誕生したのは大正11年のことでした。ところが昭和16年に戦争によって高射砲陣地を設置するようになり、やがて荒廃した土地となってしまいました。再びあらかわ遊園が開園したのは戦後の昭和25年のことでした。

現在はお子さんを連れて出かけるにはぴったりのおすすめ観光スポットとなっています。ポニーに乗馬することができたり、魚つり広場があり、釣堀でお魚を釣ることもできます。のりもの広場ではアトラクションもいくつもありますので遊園地のように遊べます。さらに水あそび広場、どうぶつ広場などがあります。また水あそび広場のすぐそばにはくじらスライダーやアニマルボールランドといったお子さん向けのスポットもあります。

 

夏の間はこどもプールも開いてますので、お子さん連れで遊びに行くのも楽しめます。こどもプールの水深は25cmから80cmほどなので、小さなお子さんも遊ぶことができます。他にもミニボートや子ども縁日などもありますので、なかなか普段夏祭りなどに行けない小さなお子さんも一緒にお祭り感覚で遊ぶことができるのも大きな魅力となっています。

 

【7~9月】あらかわ遊園子どもプール

おなかがすいた時には園内にある「キャンディハウス」で軽食からお食事をすることができるようになっています。またお土産もこちらで購入することができます。食事はカレーライスやおにぎり、アイスクリーム、焼きそばやたこ焼きなどがある他、2階では休憩をかけてゆっくりと食事をとることもできます。おみやげではあらかわ遊園オリジナルのクッキーや缶ドロップ、そして荒川区のゆるキャラでもある「あら坊」のTシャツ、ぬいぐるみ、キーホルダーなども手に入れることができます。

 

このキャンディハウスでぜひ食べておきたいのが大人気のメロンパンです。そのメロンパンは海老名サービスエリアで非常においしいということで評判になっており、すぐに売り切れてしまうこともしばしばあります。キャンディハウスでの販売は金曜日から日曜日までの限定販売で、数量にも限りがあるので早めに買っておきたいものです。表面はカリカリとしていて中身はしっとりとしたメロンパンなので、メロンパン好きな方は一度は食べておくのがおすすめです。

 

おこさま向けのメニューが置いてあるちびっこひろば売店もあります。こちらにも焼きそばやたこ焼き、カレーライスなどの定番もありますので家族で食事することもできます。

 

ジョイフル三ノ輪のおすすめ観光スポット・名所

都電荒川線の三ノ輪橋停留所すぐそばにある「ジョイフル三ノ輪」は昭和通りにも近く、なんとなく昔懐かしい雰囲気を感じることができる下町です。それもそのはず、こちらの商店街の開業はなんと大正時代でした。

 

紅しょうがの天ぷら

そんな「ジョイフル三ノ輪」でぜひ一度は食べてほしいのが紅しょうがの天ぷらです。1つ90円ほどという安さなので、帰りにおみやげに買っていくのも良いでしょう。ちなみに、昭和通り側から入っていく時にある看板には「三ノ輪橋商店街」となっているので、また違った雰囲気を感じることができるのも面白いところです。

 

商店街となっているように個人のお店が多く、食べ物を買った時にさりげなくおまけをつけてくれたり、一つ一つの商品の価格がとても安かったりするのでいくつか買って公園でゆっくりと食べるというのもオススメです。またこのジョイフル三ノ輪では毎月11日が弁天様の日ということで大売出しがされるため、せっかくなので日にちをあわせて11日に出かけるようにするのも良いでしょう。

 

砂場総本

荒川区の文化財指定になっている江戸時代創業の老舗蕎麦屋であり「砂場総本家」もぜひ足を運んでおきたいスポットです。現在あるのは昭和29年に建てられたものですが、そばがおいしいということで人気があります。昔ながらのそばを食べたいという時や食べ歩きをしたけど、なんだかまだ物足りないといった時などに寄ってみるのもいいです。同じく老舗という意味では大正7年創業という老舗和菓子屋「相州屋」にも寄っておきたいものです。相州屋さんの名物はだんごです。

 

そのお店によっていろんな催しものやサービスなどをしています。例えば、1回1円でもやしをひとつかみできた分だけゲットできたり、お肉屋さんでは半額でお肉を購入できたりとかなりお得に買い物できます。ワンコインで食事できるお店もいくつか出ていたりしますので、普段より安くおいしい食事を堪能するのも良いのではないでしょうか。

 

この商店街ではジョイフルカードというものが存在しています。ジョイフルカードはピンクの旗が目印の加盟店で手に入れることができるのですが、ポイントが満点になると加盟店で500円相当の買い物ができるというのがうれしいところです。しかも期限はありません。つまり行く度に加盟店で何かを購入して少しずつポイントを貯めていくということもできるのです。他にもポイントが満点のカードは様々なものと交換することもできます。抽選でいろんな商品が当たったりもするので楽しみもあります。

 

夕やけだんだんのおすすめ観光スポット・名所

メディアに注目されて見かけることも多い「夕やけだんだん」は東京都荒川区の日暮里駅方面から谷中銀座に下る階段のことです。36段ほどのゆるやかな階段で、日暮里駅から徒歩5分ほどで到着できます。この名前がついた由来は夕方にこの階段の上で谷中銀座のほうを見ると美しい夕やけを見ることができることから一般から募集されて選ばれたことでした。夕方になると夕やけを見るために訪れる人も少なくありません。デートをする時に近くを通った時には夕やけだんだんへ足をのばしてみるのも良いでしょう。

 

夕やけだんだん

この階段をおりると有名な谷中銀座へと出ることができます。食べ物屋はもちろん小物などのお店は60軒以上あります。もしこの商店街へ出かけることがあれば、猫のオブジェを探してみるのも楽しみです。猫のオブジェはお店の屋根など全部で7体あり、全てまるで本物の猫のような見事な曲線を描いています。この商店街には本物の猫たちもとても多く、レトロな商店街の通りとマッチしていてノスタルジーを感じさせます。

 

商店街ではかなり安く購入できる食べ物もたくさんありますので、すぐ近くの西日暮里公園でゆっくりと食べるのも楽しいです。高台にありますので静かで落ち着いた雰囲気がありますし、景色もとても良いため、こちらも隠れたデートスポットとしておすすめです。夕やけだんだんからの距離は大体徒歩で5、6分ほどなのですぐにつきます。

 

日暮里駅方面へ向かう場合は駅の北口にある下御隠殿橋(トレインミュージアム)へ寄ってみるのも面白いです。このミュージアムというのは下御隠殿橋の真ん中あたりに設けられているバルコニーのことで、ここからいろんな列車が通過する様子を眺めることができるのです。1日に通過するのはおよそ20種類の列車ですからそういったものが好きなお子さんを連れいってあげるのも喜ばれます。

 

トルコ料理店「ザクロ」

夕やけだんだんへ出かけた時には下りたところすぐにあるトルコ料理店「ザクロ」へ入ってみるのも良いです。こちらのお店は最近テレビなどでも取り上げられることが多く、幸せランチというランチセットが1000円で食べることができます。また喉が渇いた時にはなんと50円で買うことができるグァバジュースを飲んでみてもおいしいです。さらに和菓子好きには無視できないお店「和栗や」へ寄ってみるのもおすすめです。こちらの和菓子店のイートインはいつも行列ができているほど人気ですが、意外にも栗のツブツブが入っているソフトクリームもおいしく食べることができます。

 

まとめ  荒川区観光

家族で遊びたいという時や友達と楽しみたい時にはあらかわ遊園で一日過ごすのも面白いです。釣り、プール、アトラクションなどこの園内だけでいろんなことを楽しめます。小さなお子さんの場合、なかなか一緒に人が大勢いるような場所へ出かけるのが大変な時もありますが、あらかわ遊園であれば混雑し過ぎるということもありませんから、ゆっくりと過ごすことができます。

 

下町ならではのゆったりとした時間の流れを感じてみるのも気分転換になります。地元の人がオススメするような場所へ行ってみるのもワクワクしますし、まるで常連のように温かく迎えてくれるお店の人達とおしゃべりを楽しむというのもありです。夕やけだんだんはテレビなどでもよく見る風景なので、写真などを撮影してテレビに出ていた風景と同じかどうかを比較してみるのもいいです。

 

下町といっても駅から徒歩で行けるような近さにあるところばかりなので移動するにも便利ですし、同じ区内にありますから1日にいくつかまわってみるというのも良い記念になるのではないでしょうか。そしてそんな昔懐かしい風景の中にあるちょっとした自然を感じてみることもこういった場所を訪れる醍醐味だといえます。

荒川観光をお楽しみください。

 

荒川区地名の由来「東京都荒川区編」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください