台東区地名の由来「東京都台東区編」

台東区区地名の由来は、この地域の地形や合併の歴史が関係して作られることになりました。台東区は、23区の右中心に位置する区です。面積は10.11平方キロメートルとなります。

この地域は近代化以降には下谷区と浅草区の2つに分かれていましたが、やがては協調することになり、1947年には合併することになったのです。

ところが、合併後の地名を決めることが容易ではなく、相当な議論の末に決定した経緯があります。

どちらも歴史が大変に古く、独特な下町気質も持っていたために、地名の決定に関しても簡単に譲歩することができなかったのです。

 

結局のところは、台東区という地名が採用されて、東京23区の一部として発足することになりました。

頭文字の部分は、洪積台地として分類されている武蔵野台地に由来するものです。

台東区の上野台地は、武蔵野台地の最東端に位置し、山の手と下町を分ける場所になっていました。

その形は舌状台地と呼べるもので、壮大な規模の崖線が続いているため、江戸の防備のためにも重要な場所でした。

東側の下町からも目立つ存在になっていますから、長い歴史の象徴とする形で、台東区区地名の由来が生まれたのです。

 

上野台地の東側に位置することから、台東区という地名が起こり、現在まで使われているわけです。

地名としては意外に新しいのですが、徳川将軍家との縁が深い上野山の伝統も引き継いでいます。

台東区の地名には、山の手と下町の融合を示すための意思が込められているため、極めて崇高な地名として現在でも尊敬を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください